研究者
J-GLOBAL ID:201801006834834690   更新日: 2020年08月31日

榊原 啓之

サカキバラ ヒロユキ | SAKAKIBARA HIROYUKI
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.miyazaki-u.ac.jp/abs/
研究分野 (2件): 食品科学 ,  家政学、生活科学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2023 脂質摂取がアルツハイマー型認知症状に与える影響と食品によるその制圧
  • 2018 - 2021 環境・社会的ストレスが加齢に伴い脳機能に与える負の影響と食品成分によるその防御
  • 2017 - 2021 ポリフェノール・パラドックスの解明
  • 2016 - 2020 食事由来フラボノイドが有する機能性の次世代伝承性
  • 2016 - 2019 抑うつ状態と末梢の慢性炎症・酸化
全件表示
論文 (23件):
  • Matsuyama H, Tanaka W, Yokoyama D, Matsumoto S, Sano T, Yamashita T, Nishimura S, Sakono M, Sakakibara H. Suitability of a 10% fat diet for use in time-restricted feeding experiments with C57BL/6 mice. Bioactive Compounds in Health and Disease. 2020. 3. 55-65
  • Tsuboi H, Sakakibara H, Tatsumi A, Yamakawa-Kobayashi K, Matsunaga M, Kaneko H, Shimoi K. Serum IL-6 levels and oxidation rate of LDL cholesterol were related to depressive symptoms independent of omega-3 fatty acids among female hospital and nursing home workers in Japan. Journal of affective disorders. 2019. 249. 385-393
  • 榊原啓之, 田中航. 体内時計が刻むリズムと講義中の居眠りの関係を考えてみる. 2019. 3. 35-38
  • Itoh K, Masumori S, Mukai D, Sakakibara H, Yasuda M, Shimoi K. Dosage time affects alkylating agents induced micronuclei in mouse peripheral blood reticulocytes through the function of erythropoietin. The Journal of toxicological sciences. 2019. 44. 4. 273-282
  • Tanaka W, Yokoyama D, Matsuura Y, Nozaki M, Hirozawa N, Kunitake H, Sakono M, Sakakibara H. Subchronic toxicity evaluation of leaves from rabbiteye blueberry (Vaccinium virgatum Aiton) in rats. Toxicology reports. 2019. 6. 272-278
もっと見る
MISC (66件):
もっと見る
書籍 (12件):
  • 抗疲労・抗ストレス・睡眠改善食品の開発
    井上和生,山崎英恵・シーエムシー出版 2020
  • エッセンシャル食品化学 = Essential food chemistry
    講談社 2018 ISBN:9784065133415
  • Visural栄養学テキスト 食べ物と健康I 食品学総論 食品の成分と機能
    株式会社中山書店 2018
  • 機能性食品開発のための初期評価試験プロトコール集
    株式会社シーエムシー出版 2017
  • 生物・農学系のための統計学: 大学での基礎学修から研究論文まで
    朝倉書店 2017 ISBN:4254122233
もっと見る
講演・口頭発表等 (70件):
  • Effects of polyphenol-rich plants on physiological responses for social stress
    (ICPH2019 2019)
  • 宮崎大学における分析機器共同利用体制の構築〜COCフーズサイエンスラボラトリーの取り組みと農学系研究の最新動向
    (宮崎大学 産学・地域連携センター 機器分析支援部門 第20回分析講演会 2019)
  • 私たちはなぜ食事を摂る必要があるのか?〜食品成分と生体が織りなすコミュニケーション〜
    (宮崎県立日南高等学校 令和元年度 分野別教養講座 2019)
  • 体内時計が指揮する身体リズム〜なぜ午後の授業は眠いのか〜
    (都城泉ヶ丘高等学校附属中学校立志式記念講演 2019)
  • お母さんの食事が子たちに与える影響〜食事由来フラボノイドが有する機能性の次世代伝承性〜
    (第17回 石川県立大学 食品科学科 公開セミナー 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 神戸大学 大学院 自然科学研究科 博士後期課程
  • 1997 - 1999 神戸大学 大学院 自然科学研究科 博士前期課程
  • 1993 - 1999 愛媛大学 農学部 生物資源学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (神戸大学)
経歴 (10件):
  • 2016/04 - 現在 宮崎大学 教授
  • 2012/04 - 2016/03 宮崎大学 准教授
  • 2007/04 - 2012/03 静岡県立大学 助教
  • 2006/10 - 2007/03 静岡県立大学 助手
  • 2005/02 - 2006/09 徳島大学 COE研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019 - 現在 日本食品因子学会(JSoFF) 理事
  • 2017 - 現在 Journal of Nutritional Science and Vitaminology 編集委員(AE)
  • 2013 - 2018 日本食品因子学会(JSoFF) 評議員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る