研究者
J-GLOBAL ID:201801006857725367   更新日: 2022年06月08日

本山 清喬

モトヤマ キヨタカ | Motoyama Kiyotaka
所属機関・部署:
職名: 助教
研究キーワード (3件): 動作様式 ,  動作習得 ,  ボール投げ
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2022 - 2025 正弦波速度変動プロトコールを用いた歩容統合制御の実験的検証
  • 2020 - 2024 握れないボールを用いた投動作の分類および子どもにおける投球練習の検討
  • 2019 - 2022 歩行能力をエコノミーから数値指標化する試みと走・歩の相転移機序解明
論文 (19件):
  • Daijiro Abe, Kiyotaka Motoyama, Takehiro Tashiro, Akira Saito, Masahiro Horiuchi. Effects of exercise habituation and aging on the intersegmental coordination of lower limbs during walking with sinusoidal speed change. Journal of Physiological Anthropology. 2022. 41. 24. 1-9
  • 村上 温彦, 下川, 俊彦, 神屋, 郁子, 本山, 清喬, 西薗 秀嗣. スマートウォッチを用いた球速測定システム 「スピードバンド」の開発. 情報処理学会研究報告. 2022
  • Daijiro Abe, Shunsuke Sakata, Kiyotaka Motoyama, Naoki Toyota, Hidetsugu Nishizono, Masahiro Horiuchi. Economical and preferred walking speed using body weight support apparatus with a spring-like characteristics. BMC sports science, medicine & rehabilitation. 2021. 13. 1. 107-107
  • 本山清喬, 小森大輔, 安陪大治郎, 金高宏文, 髙橋仁大. トレーニングエクササイズにおける動作様式の違いが力学変量に及ぼす影響を 簡易的に評価する方法の検討: フライングスプリット動作に対する単一対象者・複数試行測定,複数対象者・単一試行測定 及び複数対象者・複数試行測定の比較より. スポーツパフォーマンス研究. 2021. 13. 1-14
  • 本山清喬. トレーニングエクササイズの動作様式選択に関する実践的知見を導く実証研究の進め方に関する研究. 鹿屋体育大学. 2020
もっと見る
MISC (1件):
講演・口頭発表等 (15件):
  • 実践にいかす身体運動の測定
    (令和3年度シーズ発表会 2022)
  • スマートウォッチを用いた球速測定システム 「スピードバンド」の開発
    (火の国情報シンポジウム2022 2022)
  • Ball gripping and step characteristics during back swing in throwing
    (The 2020 Yokohama Sport Conference 2020)
  • Economical and preferred walking speed with and without body weight support
    (Rocky Mountain American Society of Biomechanics (RMASB) 2020 *The meeting was officially cancelled due to COVID-19 pandemic. Abstract is available in the Abstract Booklet on pp.3-4. 2020)
  • 三次元動作解析を用いた介助用装着型補助具の介助動作の分析
    (日本デザイン学会研究発表大会概要集 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(体育学) (鹿屋体育大学)
所属学会 (3件):
日本スポーツパフォーマンス学会 ,  日本トレーニング科学会 ,  日本体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る