研究者
J-GLOBAL ID:201801006885329787   更新日: 2022年04月28日

田村 典江

田村 典江 | Tamura Norie
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (3件): 水圏生産科学 ,  農業社会構造 ,  森林科学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2026 ローカルから食農システムの再生をめざす比較社会・政策研究:コロナ後を見据えて
  • 2020 - 2023 農村振興交付金に係る真の地方裁量度の計測に関する研究
  • 2016 - 2022 アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開
  • 2016 - 2021 持続可能な食の消費と生産を実現するライフワールドの構築:食農体系の転換にむけて
論文 (30件):
  • Kanang Kantamaturapoj, Steven R. McGreevy, Natapol Thongplew, Motoki Akitsu, Joost Vervoort, Astrid Mangnus, Kazuhiko Ota, Christoph D.D. Rupprecht, Norie Tamura, Maximillian Spiegelberg, et al. Constructing practice-oriented futures for sustainable urban food policy in Bangkok. Futures. 2022. 139. 102949-102949
  • Aoi Sugimoto, Raphael Roman, Juri Hori, Norie Tamura, Shingo Watari, Mitsutaku Makino. How has the 'customary nature' of Japanese fisheries reacted to Covid-19? An interdisciplinary study examining the impacts of the pandemic in 2020. Marine Policy. 2022. 138. 105005-105005
  • Norie Tamura. The Third Way of Seed Governance: The Potential of the Seed Commoning in Japan. Seeds for Diversity and Inclusion. 2022. 175-188
  • Joost Vervoort, Astrid Mangnus, Steven McGreevy, Kazuhiko Ota, Kyle Thompson, Christoph Rupprecht, Norie Tamura, Carien Moossdorff, Max Spiegelberg, Mai Kobayashi. Unlocking the potential of gaming for anticipatory governance. EARTH SYSTEM GOVERNANCE. 2022. 11
  • Steven R. McGreevy, Norie Tamura, Mai Kobayashi, Simona Zollet, Kazumasa Hitaka, Clara I. Nicholls, Miguel A. Altieri. Amplifying Agroecological Farmer Lighthouses in Contested Territories: Navigating Historical Conditions and Forming New Clusters in Japan. Frontiers in Sustainable Food Systems. 2021. 5
もっと見る
MISC (20件):
書籍 (6件):
  • タネとヒト : 生物文化多様性の視点から
    農山漁村文化協会 2022 ISBN:9784540211560
  • みんなでつくる「いただきます」 : 食から創る持続可能な社会
    昭和堂 2021 ISBN:9784812220290
  • エコロジーとコモンズ : 環境ガバナンスと地域自立の思想
    晃洋書房 2014 ISBN:9784771025455
  • 水産の21世紀 -海から拓く食料自給
    京都大学学術出版会 2010 ISBN:4876989575
  • コモンズ研究のフロンティア : 山野海川の共的世界
    東京大学出版会 2008 ISBN:9784130460958
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 島根県津和野町における地域おこし協力隊制度を活用した林業就業について
    (日本森林学会大会学術講演集 2018)
  • 森林・林業分野の人材育成と教育研究機構
    (日本森林学会大会学術講演集 2017)
  • 森林・林業分野の人材育成と教育研究機関
    (日本森林学会大会発表データベース 2017)
  • Policy coherence between exporting and importing countries: a possibility on information sharing mechanisms between consumers and producers through ecolabeling.
    (Program Abstr 5th World Fish Congr 2008 2008)
  • コモンズの視点から見る「漁民の森」
    (日本森林学会大会発表データベース 2005)
学歴 (2件):
  • 2001 - 2007 京都大学大学院 応用生物科学専攻 博士課程
  • 1998 - 2001 京都大学大学院 応用生物科学専攻 修士課程
学位 (1件):
  • 農学博士 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2022/04 - 現在 事業構想大学院大学 専任講師
  • 2021/04 - 2022/03 総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター 上級研究員
  • 2016/04 - 2021/03 総合地球環境学研究所 研究部 プロジェクト上級研究員
  • 2010/06 - 2016/03 株式会社自然産業研究所 取締役、上級研究員
  • 2005/09 - 2011/03 株式会社アミタ持続可能経済研究所 主任研究員
委員歴 (4件):
  • 2021/04 - 現在 豊岡市 豊岡市林業ビジョン策定検討委員
  • 2018/04 - 2019/03 北海道水産林務部 北海道立林業大学校カリキュラム作成・運営検討委員会委員
  • 2017/05 - 2019/03 岐阜県立森林文化アカデミー 岐阜県地域森林監理士養成研修運営委員会委員
  • 2017/07 - 2018/03 鹿児島大学農学部職域プロジェクト 全国検討委員
所属学会 (4件):
地域漁業学会 ,  日本公共政策学会 ,  日本森林学会 ,  林業経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る