研究者
J-GLOBAL ID:201801006911080903   更新日: 2021年08月30日

松岡 紘史

マツオカ ヒロフミ | Hirofumi Matsuoka
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 臨床心理学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 舌痛症患者の就労・生活障害を緩和するための認知行動療法プログラムに関する研究
  • 2017 - 2020 舌痛症の症状満足度に焦点を当てた認知行動療法プログラムの開発
  • 2014 - 2017 ドライマウス患者に対する認知行動療法による治療システムの構築
  • 2013 - 2017 スリ・ランカにおける口腔がんの化学予防的介入研究とmiRNAによるモニタリング
  • 2011 - 2013 舌痛症に対する短期的認知行動療法プログラムに関する研究
論文 (56件):
  • Yoshihiro Abiko, Durga Paudel, Hirofumi Matsuoka, Mitsuru Moriya, Akira Toyofuku. Psychological Backgrounds of Medically Compromised Patients and Its Implication in Dentistry: A Narrative Review. International journal of environmental research and public health. 2021. 18. 16
  • 石原 匠, 松岡紘史, 長澤敏行, 古市保志, 辻 昌宏, 千葉逸朗. 歯周病が脳梗塞及び心筋梗塞の発症に及ぼす影響: 健康保険のレセプトデータを用いた検討. 日本歯周病学会会誌. 2021. 63. 2. 47-60
  • Takatoshi Chujo, Koki Yoshida, Rie Takai, Osamu Uehara, Hirofumi Matsuoka, Tetsuro Morikawa, Jun Sato, Itsuo Chiba, Kenichi Matsuzaka, Yoshihiro Abiko. Analysis of DNA methylation of E-cadherin and p16ink4a in oral lichen planus/oral lichenoid lesions. Clinical and experimental dental research. 2020. 7. 205-210
  • 蓑輪映里佳, 岡田悠之介, 福田敦史, 大友麻衣子, 梶美奈子, 倉重圭史, 松岡紘史, 安彦善裕, 齊藤正人. 不安階層表を用いることで歯科治療が可能になった歯科恐怖症の1例. 日本歯科心身医学会雑誌. 2020. 35. 1・2. 31-36
  • 須賀隆行, 竹之下美穂, 松岡紘史, 安彦善裕, 豊福明. 残遺する反芻思考に対してアミトリプチリンとアリピプラゾールの併用療法が奏功した舌痛症の1例. 日本歯科心身医学会雑誌. 2020. 35. 1・2. 26-30
もっと見る
MISC (40件):
書籍 (12件):
  • 認知行動療法ケースフォーミュレーション
    金剛出版 2021
  • 心身医学用語事典(第3版)
    三輪書店 2020
  • 健康心理学事典
    丸善出版 2019 ISBN:9784621303764
  • 認知行動療法事典
    丸善出版 2019 ISBN:9784621303825
  • カウンセリングにおけるアセスメントの原理と適用
    金子書房 2018 ISBN:9784760824236
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(臨床心理学) (北海道医療大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る