研究者
J-GLOBAL ID:201801007017025352   更新日: 2021年05月27日

佐藤 洋子

サトウ ヨウコ | Yoko Sato
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (4件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  生命、健康、医療情報学
研究キーワード (4件): 生物統計 ,  国際疾病分類(ICD) ,  希少疾患 ,  医療情報
論文 (26件):
  • Koichi Miyashita, Eiji Nakatani, Hironao Hozumi, Yoko Sato, Yoshiki Miyachi, Takafumi Suda. Risk Factors for Pneumonia and Death in Adult Patients With Seasonal Influenza and Establishment of Prediction Scores: A Population-Based Study. Open Forum Infectious Diseases. 2021. 8. 3
  • Eiji Nakatani, Yasuharu Tabara, Yoko Sato, Atsuko Tsuchiya, Yoshiki Miyachi. Data resource profile of Shizuoka Kokuho Database (SKDB) using integrated health- and care-insurance claims and health checkups: the Shizuoka Study. Journal of Epidemiology. 2021
  • Masayuki Ishihara, Yuuki Hata, Sumiyo Hiruma, Tomohiro Takayama, Shingo Nakamura, Yoko Sato, Naoko Ando, Koichi Fukuda, Kaoru Murakami, Hidetaka Yokoe. Safety of Concentrated Bioshell Calcium Oxide Water Application for Surface and Skin Disinfections against Pathogenic Microbes. Molecules. 2020. 25. 19. 4502-4502
  • Sumiyo Hiruma, Masayuki Ishihara, Shingo Nakamura, Yoko Sato, Haruka Asahina, Koichi Fukuda, Tomohiro Takayama, Kaoru Murakami, Hidetaka Yokoe. Bioshell Calcium Oxide-Containing Liquids as a Sanitizer for the Reduction of Histamine Production in Raw Japanese Pilchard, Japanese Horse Mackerel, and Chub Mackerel. Foods. 2020. 9. 7. 964-964
  • Shingo Nakamura, Masayuki Ishihara, Yoko Sato, Tomohiro Takayama, Sumiyo Hiruma, Naoko Ando, Koichi Fukuda, Kaoru Murakami, Hidetaka Yokoe. Concentrated Bioshell Calcium Oxide (BiSCaO) Water Kills Pathogenic Microbes: Characterization and Activity. Molecules. 2020. 25. 13. 3001-3001
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • Verification of prognostic factors related to pulmonary hypertension combined with Systemic Sclerosis
    (第94回日本薬理学会年会 2021)
  • An analysis of Japanese Multiple System Atrophy surveillance: Association of gait disturbance and first symptom.
    (7th International Congress of Multiple System Atrophy 2021)
  • 骨粗鬆症に起因する大腿骨骨折の患者における死亡に関する予後因子の同定:大規模な静岡国保データベース(SKDB)の解析.
    (第22回日本骨粗鬆症学会 2020)
  • 静岡県国民健康保険(SKDB)と健保組合(JMDC)における慢性疾患有病率の比較
    (第79回日本公衆衛生学会総会 2020)
  • 情報記録の手法
    (2020年度難病患者支援従事者研修 (難病相談支援センター職員研修) 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2011 - 2015 東京医科歯科大学大学院
  • 2003 - 2009 東京医科歯科大学 歯学科(2009年4月 歯科医師免許取得 (歯科医籍番号 163343))
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京医科歯科大学大学院)
経歴 (7件):
  • 2021/04 - 現在 静岡社会健康医学大学院大学 講師
  • 2017/04 - 現在 昭和大学 歯科補綴学講座 兼任講師
  • 2017/04 - 現在 国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター 客員研究員
  • 2020/04 - 2021/03 静岡県立総合病院 リサーチサポートセンター統計解析室
  • 2017/04 - 2020/03 防衛医科大学校 防衛医学研究センター 助教
全件表示
所属学会 (3件):
日本計量生物学会 ,  American Statistical Association ,  日本疫学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る