研究者
J-GLOBAL ID:201801007087371746   更新日: 2020年09月01日

早川 晃司

ハヤカワ コウジ | Hayakawa Koji
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (5件): ゲノム生物学 ,  細胞生物学 ,  遺伝学 ,  獣医学 ,  ゲノム生物学
研究キーワード (8件): 栄養遺伝学 ,  幹細胞 ,  生殖細胞特異的 ,  代謝中間体 ,  O-GlcNAc修飾 ,  DNAメチル化 ,  ヒストン修飾 ,  エピジェネティクス
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2020 エピジェネティクス情報を用いた栄養素の選択
  • 2014 - 2017 リンカーヒストンの新たな機能~核小体形成と機能に対する役割~
  • 2012 - 2014 エピゲノム形成における卵子特異的リンカーヒストンH1fooの分子作用機序の解明
論文 (25件):
  • Koji Hayakawa, Ruiko Tani, Kenta Nishitani, Satoshi Tanaka. Linker histone variant H1T functions as a chromatin de-condenser on genic regions. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2020. 528. 4. 685-690
  • Koji Hayakawa, Kenta Nishitani, Satoshi Tanaka. Kynurenine, 3-OH-kynurenine, and anthranilate are nutrient metabolites that alter H3K4 trimethylation and H2AS40 O-GlcNAcylation at hypothalamus-related loci. Scientific Reports. 2019. 9
  • Eileen Lynch, Theran Semrad, Vincent S. Belsito, Claire FitzGibbons, Megan Reilly, Koji Hayakawa, Masatoshi Suzuki. C9ORF72-related cellular pathology in skeletal myocytes derived from ALS-patient induced pluripotent stem cells. Disease Models & Mechanisms. 2019. 12. 8
  • Koji Hayakawa, Kanae Terada, Tomohiro Takahashi, Hidehiro Oana, Masao Washizu, Satoshi Tanaka. Nucleosomes of polyploid trophoblast giant cells mostly consist of histone variants and form a loose chromatin structure. Scientific Reports. 2018. 8. 1
  • Mitsuko Hirosawa, Koji Hayakawa, Kunio Shiota, Satoshi Tanaka. Histone O-GlcNAcylation and Potential Biological Functions. OBM Genetics. 2018. 2. 3. 1
もっと見る
MISC (9件):
  • Koji Hayakawa. Investigating the epigenetic mechanisms of trophoblast giant cells. Research Features. 2018. 130. 31-33
  • 廣澤 瑞子, 早川 晃司, 田中 智, 塩田 邦郎. O-グリコシル化. 生体の科学. 2018. 69. 5. 416-417
  • 廣澤 瑞子, 早川 晃司, 田中 智, 堂前 直, 新井 大祐, 塩田 邦郎. 胎生動物出現の鍵 : 糖による新たなエピジェネティック修飾を発見「哺乳類に特有な病気の原因解明、治療開発に栄養学的観点から期待」. 東京大学大学院農学生命科学研究科 プレスリリース. 2016
  • Koji Hayakawa, Mitsuko Hirosawa, Yasuyuki Tabei, Daisuke Arai, Satoshi Tanaka, Noboru Murakami, Shintaro Yagi, Kunio Shiota. Epigenetic Switching by the Metabolism-sensing Factors in the Generation of Orexin Neurons from Mouse Embryonic Stem Cells. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2013. 288. 24. 17099-17110
  • 早川 晃司, 塩田 邦郎. 多能性幹細胞からオレキシン神経細胞の作出に成功. 東京大学大学院農学生命科学研究科 プレスリリース. 2013
もっと見る
特許 (6件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • Identification of nutrient metabolites capable of altering the epigenetic status at specific loci
    (Experimental Biology 2019 2019)
  • O-GlcNAcylation of histone H2A at serine 40 functions in DNA damage repair
    (Seminar in Institute for Biogenesis Research, University of Hawaii School of Medicine 2017)
  • 代謝中間体によるエピジェネティクス制御
    (2016年度優駿会 2016)
  • Epigenetic regulation by nutrient-sensing factors in the degeneration of induced orexin neurons
    (Eight international Epigenomics & Metabolomics 2015 Meeting 2015)
  • 単糖によるオレキシン神経誘導の多重エピジェネティック制御
    (第87回日本生化学会大会 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 農学博士 (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2019/06 - 現在 岡山理科大学 獣医学部 講師
  • 2012/04 - 2019/05 東京大学 農学生命科学研究科 特任助教
  • 2010/04 - 2012/03 東京大学 農学生命科学研究科 特任研究員
所属学会 (5件):
日本再生医療学会 ,  日本毒性学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本エピジェネティクス研究会 ,  日本繁殖生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る