研究者
J-GLOBAL ID:201801007128095252   更新日: 2021年10月26日

鹿野 理子

Kano Michiko
研究分野 (4件): 病態神経科学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  内科学一般
研究キーワード (6件): 内受容感覚 ,  アレキシサイミア ,  ストレス ,  心身相関 ,  内臓痛 ,  脳画像
論文 (147件):
  • Mao Yagihashi, Michiko Kano, Tomohiko Muratsubaki, Joe Morishita, Keishi Kono, Yukari Tanaka, Motoyori Kanazawa, Shin Fukudo. Concordant pattern of the HPA axis response to visceral stimulation and CRH administration. Neuroscience research. 2021
  • 大川 洋平, 中谷 久美, 村椿 智彦, 岡本 智子, 布田 美貴子, 遠藤 由香, 鹿野 理子, 金澤 素, 中谷 直樹, Barbara Giovanni, et al. 機能性消化管疾患群における便通異常ならびに消化管通過に対するkiwifruitとpsylliumの比較検証試験. 心身医学. 2021. 61. 2. 197-198
  • 山田 晶子, 西田 健, 村椿 智彦, 鹿野 理子, 金澤 素, 福土 審. 消化管疾患とマイクロバイオームのクロストーク 下痢型過敏性腸症候群における腸内細菌叢と脳形態の関連性. 日本消化管学会雑誌. 2021. 5. Suppl. 174-174
  • Michiko Kano, Cecilia Grinsvall, Qian Ran, Patrick Dupont, Joe Morishita, Tomohiko Muratsubaki, Shunji Mugikura, Huynh Giao Ly, Hans Törnblom, Maria Ljungberg, et al. Resting state functional connectivity of the pain matrix and default mode network in irritable bowel syndrome: a graph theoretical analysis. Scientific reports. 2020. 10. 1. 11015-11015
  • 山田 晶子, 西田 健, 村椿 智彦, 鹿野 理子, 金澤 素, 福土 審. 症状特異的不安とマインドフルネス傾向がIBS症状に及ぼす影響. 心身医学. 2020. 60. 3. 272-273
もっと見る
MISC (192件):
書籍 (1件):
  • Alexithymia: Advances in Research, Theory, and Clinical Practice
    Cambridge University Press 2018
講演・口頭発表等 (87件):
  • Dysfunction of visceral sensitivity and vagal tone interaction in the anterior cingulate cortex and brainstem of patients with irritable bowel syndrome
    (OHBM2018 Annual meeting 2018)
  • Absence of visceral sensitivity and vagal tone interaction in the anterior cingulate cortex and brainstem of patients with irritable bowel syndrome
    (76th annual scientific meeting, American Psychosomatic Society 2018)
  • ストレスと身体症状ー過敏性腸症候群ー
    (第21回いわき明星大学生涯学習研究会 2018)
  • Lack of visceral sensation and vagal tone interactions in the anterior cingulate cortex and brainstem in patients with irritable bowel syndrome
    (第40回 日本神経科学会 2017)
  • Gene, Hormone, Immunity in Alexithymia
    (A Disorder of Emotion Regulation: Alexithymia 2017)
もっと見る
委員歴 (5件):
  • 2018 - 現在 Scientific Reports Editorial Board Member
  • 2018 - 現在 Scientific Reports Editorial board member
  • 2015 - 現在 日本行動医学会 評議員
  • 2012 - 現在 日本心身医学会 代議員
  • 2012 - 現在 the Japanese Society of Psychosomatic Medicine trustee
受賞 (2件):
  • 2019/01 - 宮城県医師会医学奨励賞金賞
  • 2019/01 - 東北大学医学部奨学賞金賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る