研究者
J-GLOBAL ID:201801007166523268   更新日: 2020年10月17日

村瀨 陸

ムラセ リク | Murase RIku
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 考古学
研究キーワード (8件): 琉球民謡 ,  三線 ,  刀装具 ,  古墳時代 ,  鋳造技術 ,  埴輪 ,  銅鏡 ,  考古学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2024 埴輪の生産・流通体制の総合的検証にもとづく王権中枢部巨大古墳群造営過程の解明
  • 2018 - 2021 古代〜中世の「鍮石」と「真鍮」の研究-金に等しい価値があったころ-
  • 2019 - 2020 古墳時代後期埴輪生産からみた菅原土師氏の実証的研究
  • 2019 - 2020 三次元計測を用いた近世刀装具製作技術の考古学的研究
  • 2018 - 2019 刀装具鋳型の三次元分析からみた近世鋳造技術の研究
全件表示
論文 (19件):
  • 村瀨陸. 近世日本における真鍮製造と鋳造技術. 鋳造遺跡研究会30周年記念論集. 2020. 73-80
  • 村瀨 陸. 平城京域の埋没前期古墳とその埴輪. 埴輪論叢. 2020. 10
  • 村瀨陸. 宝来山古墳をめぐる陪塚成立論-平松北内古墳と田道間守墓-. 和の考古学 藤田和尊さん追悼論文集. 2019
  • 村瀨陸, 林弘幸. 近畿地方における琴弾形埴輪-史跡大安寺旧境内出土資料から-. 埴輪論叢. 2019. 9
  • 村瀨陸. 近世刀装具鋳型からみた鋳造目貫の判断要素. 古代〜中世の「鍮石」「真鍮」の研究 2018年度研究報告書. 2019
もっと見る
MISC (15件):
  • 中野 咲, 渥美賢吾, 石丸敦史, 鐘方正樹, 村瀬 陸. 古墳時代中期における大和と東国の地域間交流-奈良県長谷遺跡出土土器の分析を中心に-. 日本考古学協会第85回総会 研究発表要旨. 2019
  • 村瀨陸. 上牧久渡3号墳出土の画文帯環状乳神獣鏡とその意義. ふるさと上牧の歴史遺産-上牧銅鐸と上牧久渡古墳群-. 2019. 11-11
  • 村瀨陸. 東九条町で弥生時代中〜後期の遺跡を発見. 奈良市埋蔵文化財調査センター速報展示資料58. 2018
  • 村瀨陸. 書評:鈴木勉著 三角縁神獣鏡・同笵(型)鏡論の向こうに. 考古学研究. 2017. 64. 1
  • 村瀨陸. 高位貴族の住まいか?!平城京の大規模邸宅. 奈良市埋蔵文化財調査センター速報展示資料56. 2017
もっと見る
書籍 (12件):
  • 三次元計測を用いた近世刀装具製作技術の考古学的研究
    2020
  • 銅鏡から読み解く2〜4世紀の東アジア 三角縁神獣鏡と関連鏡群の諸問題
    勉誠出版 2019
  • 刀装具鋳型の三次元分析からみた近世鋳造技術の研究
    2019
  • 奈良市の埴輪-土師氏の故郷でのハニワ生産-
    2018
  • 中之庄上ノ山古墳の研究
    埴輪検討会 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • 日本最大の円墳 富雄丸山古墳とその時代-平城京前史における巨大円墳の魅力-
    (平城京歴史講座 2020)
  • 富雄丸山古墳の発掘調査成果
    (ACCU奈良文化遺産セミナー2019 富雄丸山古墳の魅力を探る 2020)
  • 平城京造営と古墳
    (平城京歴史講座 2018)
  • 講座 東九条町の弥生時代遺跡と奈良時代の銅箸
    (大和を掘る36 土曜講座 2018)
  • 東九条町の弥生時代遺跡と奈良時代の銅箸
    (埋蔵文化財調査報告会2017年度 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2010 - 2014 関西大学 総合人文学科
委員歴 (1件):
  • 2016/08 - 現在 埴輪検討会 事務局員
受賞 (2件):
  • 2019/06 - 琉球民謡登川流研究保存会 第13回民謡コンクール 新人賞
  • 2013/12 - 大阪府高槻市 第一回高槻古代史懸賞論文「いましろ賞」佳作 環状乳神獣鏡からみた安満宮山古墳出土一号鏡
所属学会 (4件):
鋳造遺跡研究会 ,  古代学研究会 ,  考古学研究会 ,  埴輪検討会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る