研究者
J-GLOBAL ID:201801007324515391   更新日: 2019年11月22日

石田 裕子

イシダ ユウコ | ISHIDA Yuko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.setsunan.ac.jp/
研究分野 (1件): 生態・環境
研究キーワード (4件): 河川生態学 ,  応用生態工学 ,  河川工学 ,  生態環境
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 現在 巨椋池を活用した淀川流域の治水手法と生態系創出に関する研究
  • 2018 - 現在 グリーンインフラと既存インフラの相補的役割-防災・環境・社会 経済面からの評価
  • 2016 - 現在 巨椋池を活用した淀川流域の治水と生態系創出に関する研究
  • 2017 - 2018 巨椋池を活用した淀川流域の治水手法と生態系創出に関する研究
  • 2014 - 2015 巨椋池資料の活用と模型ビオトープ製作による地域防災・環境学習支援プログラムの開発
全件表示
論文 (15件):
  • Yuko ISHIDA, Misaki KITAMURA, Kento OKUNISHI et al. STUDY ON FLOOD CONTROL METHODS AND HABITAT CREATION IN THE YODO RIVER BASIN UTILIZING A RETARDING BASIN. Proceedings of the 21st IAHR-APD Congress 2018, Yogyakarta, Indonesia. 2018. 2. 1229-1237
  • 浦部 美佐子,石川 俊之,片野 泉,石田 裕子, 野崎 健太郎,吉冨 友恭. 大学生アンケートによる水質指標生物の教育効果の検討. 陸水学雑誌. 2018. 79. 1. 1-18
  • 佐々木宏展・大澤剛士・久加朋子・前田知己・石田裕子・清水洋平・三橋弘宗. コンクリート三面張り河川における生息場所不均一性と底生動物の群集構造の関係. 人と自然. 2011. 22. 13-20
  • 久加朋子・藤田正治・竹林洋史・三橋弘宗・大澤剛士・石田裕子. コンクリート三面張り河川における河川生物の生息場所再生に関する技術検討. 河川技術論文集. 2011. 17. 503-508
  • 澤井健二・石田裕子. 環境用水の創出に向けた地域的な取り組み-淀川左岸地域における取り組みの検証-. 環境技術. 2010. 39. 12. 8月14日
もっと見る
MISC (6件):
  • 石田裕子. 淀川流域連携活動の近年の動向ー淀川左岸地域を中心としてー. 摂南大学融合科学研究所論文集. 2017. 3. 1. 1-11
  • 石田 裕子. 川魚図鑑. 川酒菜. 2016. 8月14日
  • 石田 裕子. 第3回日本陸水学会近畿支部会 陸水巡検 報告 -大阪府寝屋川市寝屋川・点野流域センター-. 陸水研究. 2015. 2. 1. 91-93
  • 石田 裕子. 河川環境のための河床地形管理手法に関する技術開発. 2013
  • 竹門康弘・角哲也・藤田正治・堤大三・竹林洋史・武藤裕則・石田裕子. 国土交通省委託研究「河川環境のための河床地形管理手法に関する技術開発」報告書. 2012
もっと見る
書籍 (2件):
  • 太陽エネルギーで水辺を再生しよう!ソーラーパネルとポンプを用いた“渇水対策の紹介”
    株式会社啓文社 2010
  • 環境用水-その成立条件と持続可能性
    技報堂出版株式会社 2012 ISBN:978-4-7655-3458-1
講演・口頭発表等 (54件):
  • 土砂堆積構造の階層スケールから見た河川の生息場評価?カワヨシノボリの研究例を中心に?
    (日本陸水学会第71回大会 2006)
  • 堰堤で仕切られた都市河川の魚類相と生息場の特性
    (平成18年度京都大学防災研究所研究発表講演会 2007)
  • Characteristics of fish fauna and habitat structure in urban rivers of a series of weirs
    (第6回日韓生態工学セミナー 2008)
  • 簡単で効果あり!!の自然再生方法の取り組み?簡易魚道を中心に?
    (第12回総会・第12回研究発表会 2008)
  • 簡易魚道における効果的な堰板設置の検討
    (第12回総会・第12回研究発表会 2008)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 2001 近畿大学 農学部 水産学科
  • 2001 - 2003 大阪府立大学 理学系研究科 物質科学専攻
  • 2003 - 2006 京都大学 工学研究科 都市環境工学専攻
学位 (3件):
  • 学士(農学) (近畿大学)
  • 修士(理学) (大阪府立大学)
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (1件):
  • 2006/04 - 2007/02 京都大学 防災研究所 水資源環境研究センター 研究機関研究員
委員歴 (4件):
  • 2018/04/01 - 現在 社団法人土木学会関西支部 調査研究委員会 委員
  • 2016/04/01 - 現在 日本陸水学会近畿支部会 広報幹事
  • 2001/04/01 - 現在 日本生態学会 会員
  • 2011/01 - 2016/03/31 日本陸水学会近畿支部会 拡大幹事
所属学会 (5件):
日本生態学会 ,  日本陸水学会近畿支部会 ,  応用生態工学会 ,  社団法人土木学会 ,  公益社団法人 日本工学教育協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る