研究者
J-GLOBAL ID:201801007374055677   更新日: 2019年11月06日

高阪 将人

コウサカ マサト | KOSAKA Masato
所属機関・部署:
職名: 講師
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - アフリカにおける理科と数学を関連付ける教育プログラムの開発
  • 2017 - アフリカにおける理科と数学を関連付ける指導法の開発
論文 (15件):
  • 高阪 将人. エジプト・アラブ共和国における教育改革の取り組み: 教師の専門職学習コミュニティ及び教育環境の現状と課題. 教師教育研究. 2019. 12. 45-50
  • 中和渚・松尾七重・高阪将人. 就学前算数教育における保育者の専門的職能成長を捉える理論的枠組みの提案とその活用可能性. 数学教育学研究. 2019. 25. 1. 33-48
  • 高阪将人・松原憲治. 我が国の理数科教育協力の実践と理数科教育開発研究の動向: サブサハラ・アフリカを中心に. 科学教育研究. 2018. 42. 2. 100-111
  • 高阪将人. 理数探究カリキュラムに関する基礎的研究ー奈良女子高等師範学校附属小学校機関誌「学習研究」における国民学校理数科に着目してー. 教師教育研究. 2018. 11. 133-139
  • 倉見昇一・高阪将人・中村敏明・野尻友佳子. 高等学校における探究的な学習とその評価についてー県内の先行実施校への実態調査と評価学習会に着目してー. 教師教育研究. 2018. 11. 121-132
もっと見る
書籍 (2件):
  • 小学校指導法 算数 (守屋誠司 編著)
    玉川大学出版 2019 ISBN:978-4-472-40576-1
  • 新しい数学教育の理論と実践 (岩崎秀樹・溝口達也 編著)
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623084296
講演・口頭発表等 (56件):
  • “ほこり”から環境を捉える教材開発の試み
    (日本理科教育学会第56回全国大会 2006)
  • Connecting Mathematics and Science: “Context dependency” in Variation
    (Zambia Education Forum 2010)
  • 物理との関連を意図した数学授業に関する研究-ザンビア中等教育における関数分野の文脈依存性に着目して-
    (第8回アフリカ教育研究フォーラム 2011)
  • ザンビア中等教育における物理との関連を意識した数学授業に関する研究-関数分野における文脈依存性に着目して-
    (全国数学教育学会第35回研究発表会 2012)
  • ザンビア中等教育における数学と物理の関連について-関数分野における文脈依存性に着目して-
    (全国数学教育学会第36回研究発表会 2012)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2006 京都教育大学 教育学部 数理・自然教育系
  • 2008 - 2012 広島大学
  • 2012 - 2015 広島大学
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (広島大学)
経歴 (6件):
  • 2006/04/06 - 2008/06/25 パプアニューギニア独立国 タブビル高校 理数科教師 (青年海外協力隊)
  • 2009/06/22 - 2011/06/21 ザンビア共和国 ンジャセ女子中等学校 理数科教師 (ザンビア特別教育プログラム)
  • 2014/04/01 - 2016/03/31 日本学術振興会 特別研究員
  • 2016/04/01 - 2017/03/31 国際協力機構(JICA) ジュニア専門員
  • 2017/04 - 2018/03 福井県教育総合研究所 共同研究員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2014 - 日本数学教育学会 学会賞(大学院生研究奨励部門)
  • 2011 - アフリカ教育研究フォーラム 優秀発表賞
所属学会 (11件):
アフリカ教育学会 ,  日本数学教育学会 ,  全国数学教育学会 ,  数学教育学会 ,  日本理科教育学会 ,  日本科学教育学会 ,  日本教科教育学会 ,  国際開発学会 ,  School Science and Mathematics Association ,  日本学校教育実践学会 ,  広島数学教育研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る