研究者
J-GLOBAL ID:201801007453491466   更新日: 2020年10月06日

根岸 剛文

ネギシ タケフミ | NEGISHI Takefumi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://square.umin.ac.jp/Nemalab/Home.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/8ab2051ed0c53edefec029e5367776e1.html
研究分野 (1件): 発生生物学
研究キーワード (4件): 線虫 ,  海産無脊椎動物 ,  細胞生物学 ,  発生生物学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2020 ウニの後胚発生機構の研究
  • 2016 - 2018 基底小体へと伸長するユニークな膜構造のシリア位置制御における役割の解明
  • 2017 - 2017 ホヤ胚で新奇に見出された管状膜構造の形成機構の解明
  • 2013 - 2015 細胞分裂方向の制御に関わる新奇膜構造の構造と機能の解明
  • 2008 - 2009 卵割パターンを産み出す遺伝子PEMの作用メカニズムの分子・細胞レベルでの解明
論文 (11件):
もっと見る
MISC (2件):
  • Naoto Ueno, Takefumi Negishi. A novel membrane invagination controls oriented cell division in ascidian embryo. MECHANISMS OF DEVELOPMENT. 2017. 145. S4-S5
  • H. Nishida, Y. Nakamura, T. Negishi. Role of localized maternal mRNAs in eggs of a basal chordate, the ascidian Halocynthia roretzi. MECHANISMS OF DEVELOPMENT. 2005. 122. S26-S26
講演・口頭発表等 (5件):
  • A novel membrane structure orchestrates centrosome positioning during embryogenesis
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • Membrane invagination-mediated posterior ciliary positioning is involved in the neurula rotation in Ciona intestinalis
    (9th International tunicate meeting 2017)
  • A Nodal and Ephrin signalling relay drives the transition between apical constriction and apico-basal shortening during ascidian endoderm invagination
    (9th International tunicate meeting 2017)
  • 3D-SEMを用いた新奇な構造の解析
    (日本動物学会第87回沖縄大会 2016)
  • ホヤ胚における細胞分裂方向のコントロール
    (日本動物学会第85回仙台大会 2014)
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る