研究者
J-GLOBAL ID:201801007461914635   更新日: 2019年11月19日

飯田 恵子

イイダ ケイコ | Iida Keiko
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 生涯発達看護学
研究キーワード (2件): 助産学 ,  母性看護学
論文 (2件):
  • 飯田恵子. 単胎初産婦の産後1か月までの育児不安. 森ノ宮医療大学紀要12号. 2018
  • 飯田恵子. 初産婦の妊娠末期から産後1か月までの自己効力感の変化-関連する育児要因の検討-. 奈良県立医科大学大学院看護学研究科論文集 第1号. 2014
講演・口頭発表等 (5件):
  • 療養病棟に入院する前の患者の状態が入院時の検査データにおよぼす影響
    (第20回日本病態栄養学会年次学術集会 2017)
  • 青年期にあたる小児がん経験者の長期フォローアップの看護の必要性-文献検討-
    (第57回日本母性衛生学会 2016)
  • 初産婦の妊娠末期から産後1か月までの自己効力感の変化-関連する育児要因の検討-
    (第55回日本母性衛生学会 2014)
  • 産後1か月までの育児不安-産後1か月までの育児支援の検討-
    (第55回日本母性衛生学会 2014)
  • 初産婦の妊娠36~38週時のセルフ・エフィカシーとそれに影響する育児要因の検討
    (第54回日本母性衛生学会 2013)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る