研究者
J-GLOBAL ID:201801007502243392   更新日: 2020年09月30日

渡辺 剛

ワタナベ タケシ | Watanabe Takeshi
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 有機機能材料
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2021 同視野・その場SAXS, XAS測定による燃料電池触媒の耐久性と粒子形態・化学結合状態の動的関係の解明
  • 2019 - 2020 燃料電池触媒の粒子形態・化学状態を同時評価可能とするその場SAXS-XAS計測手法の確立
  • 2019 - 2020 その場SAXS XAS測定による燃料電池触媒の粒子形態・化学結合状態の定量解析手法の開発
  • 2016 - 2017 大気非曝露下での電圧印加硬X線光電子分光法による有機薄膜トランジスタ動作中の電位分布の解明
  • 2012 - In-situ real-time observation of growth of pentacene thin films by 2-dimensional grazing incidence x-ray diffraction
論文 (26件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (49件):
  • 異常分散効果を用いた小角X線散乱測定によるPtCoナノ粒子合金触媒の粒子形態評価
    (電気化学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2019)
  • GISAXSによるペンタセン製膜中の表面形態評価(III)
    (応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM) 2019)
  • Ptスキン/Pt-Co合金カソード触媒の耐久性とナノ構造の評価
    (電池討論会講演要旨集 2018)
  • 放射光X線を用いた有機薄膜トランジスタのその場観察技術開発(結晶成長からオペランド計測まで)
    (日本物理学会講演概要集(CD-ROM) 2018)
  • GISAXSによるペンタセン製膜中の表面形態評価(II)
    (応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM) 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2011 - 2014 岩手大学大学院 フロンティア物質機能工学専攻
  • 2009 - 2011 岩手大学大学院 フロンティア材料機能工学専攻
  • 2005 - 2009 岩手大学 材料物性工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (岩手大学)
経歴 (3件):
  • 2017/10 - 現在 公益財団法人高輝度光科学研究センター 産業利用推進室 研究員
  • 2015/08 - 2017/09 公益財団法人高輝度光科学研究センター 産業利用推進室 特任専門職員
  • 2014/04 - 2015/07 公益財団法人高輝度光科学研究センター 産業利用推進室 博士研究員
受賞 (2件):
  • 2015/09 - KJF International Conference on Organic Materials for Electronics and Photonics Best Prasentation Award
  • 2010/09 - 応用物理学会 講演奨励賞 リアルタイム2D-GIXDによるオリゴチオフェン蒸着膜の形成過程の観察
所属学会 (3件):
電気化学会 ,  応用物理学会 ,  航空宇宙学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る