研究者
J-GLOBAL ID:201801007529429854   更新日: 2022年03月09日

本多 充

ホンダ ミツル | Honda Mitsuru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 計算科学 ,  プラズマ科学 ,  核融合学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2022 金属壁を持つ核融合炉でのエッジローカライズモード抑制に関する研究
  • 2020 - 2022 核燃焼プラズマ閉じ込め物理の開拓
  • 2017 - 2021 プラズマの流体・運動論的手法を統合した定常燃焼維持の研究
  • 2014 - 2018 トカマク炉における燃料供給と不純物排出と整合した境界分布崩壊緩和の研究
  • 2013 - 2017 トカマクプラズマにおける電流ホール平衡とその時間発展に関する研究
全件表示
論文 (80件):
  • N. Aiba, X. Chen, K. Kamiya, M. Honda, T.H. Osborne, K.H. Burrell, P.B. Snyder. Stabilization of kink/peeling modes by coupled rotation and ion diamagnetic drift effects in quiescent H-mode plasmas in DIII-D and JT-60U1. Nuclear Fusion. 2021. 61. 12. 126044-126044
  • Kensaku Kamiya, Kimitaka Itoh, Nobuyuki Aiba, Naoyuki Oyama, Mitsuru Honda, Akihiko Isayama. Unveiling the structure and dynamics of peeling mode in quiescent high-confinement tokamak plasmas. Communications Physics. 2021. 4. 1
  • E. Narita, M. Honda, M. Nakata, M. Yoshida, N. Hayashi. Quasilinear turbulent particle and heat transport modelling with a neural-network-based approach founded on gyrokinetic calculations and experimental data. Nuclear Fusion. 2021. 61. 11. 116041-116041
  • M. Honda, N. Aiba, H. Seto, E. Narita, N. Hayashi. Development of a novel integrated model GOTRESS+ for predictions and assessment of JT-60SA operation scenarios including the pedestal. Nuclear Fusion. 2021. 61. 11. 116029-116029
  • T Bando, M Honda, S Inoue, M Yoshida, G Matsunaga, A Isayama, M Takechi, K Shinohara, S Sumida. Torque to counter-current direction driving low frequency tearing modes in JT-60U. Plasma Physics and Controlled Fusion. 2021. 63. 11. 115005-115005
もっと見る
MISC (23件):
  • 渡邉智彦, 井戸村泰宏, 藤堂泰, 本多充. 第一原理シミュレーションで挑む核燃焼プラズマ閉じ込めの物理. 日本原子力学会誌. 2022. 64. 3. 26-30
  • 佐竹真介, 菅野龍太郎, 本多充. 5.乱数の変換と利用例. プラズマ・核融合学会誌. 2020. 96. 8. 405-417
  • 横山雅之, 佐竹真介, 本多充, 相羽信行, 林伸彦, 矢木雅敏, 藤田隆明, 村上定義, 關良輔, 山口裕之, et al. 4.統合コードを使った実験解析・物理解明・運転シナリオ構築. プラズマ・核融合学会誌. 2019. 95. 9. 444-452
  • 村上定義, 本多充, 相羽信行, 松山顕之, 林伸彦, 星野一生, 藤田隆明, 福山淳, 横山雅之. 2.統合コードを構成する物理モジュール群. プラズマ・核融合学会誌. 2019. 95. 9. 427-436
  • 本多充, 成田絵美, 林伸彦, 矢木雅敏, 福山淳, 村上定義, 横山雅之, 藤田隆明. 5.統合コード開発の今後の展望. プラズマ・核融合学会誌. 2019. 95. 9. 453-457
もっと見る
講演・口頭発表等 (92件):
  • TASK/TXの不純物輸送モデリング
    (第38回プラズマ・核融合学会年会 2021)
  • A deep-learning approach to analyze wavenumber-space images of gyrokinetic simulations for faster calculations
    (5th Asia Pacific Conference on Plasma Physics (AAPPS-DPP2021) 2021)
  • Development of the framework to cope with advanced transport models using parallel computing and deep learning techniques
    (9th Asia-Pacific Transport Working Group (APTWG) Meeting & US-EU Transport Task Force Workshop 2021)
  • Development of a Novel Integrated Model GOTRESS+ for Predictions and Assessment of JT-60SA Operation Scenarios Including the Pedestal
    (28th IAEA Fusion Energy Conference 2021)
  • TASK/TXの不純物輸送モデリングと両極性輸送
    (第37回プラズマ・核融合学会年会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2007 京都大学大学院 原子核工学専攻(博士課程)
  • 2002 - 2004 京都大学大学院 原子核工学専攻(修士課程)
  • 1998 - 2002 京都大学 物理工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2021/04 - 現在 京都大学 大学院工学研究科附属工学基盤教育研究センター 教授
  • 2019/07 - 2020/03 量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー部門 上席研究員
  • 2019/04 - 2019/06 量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー部門 主幹研究員
  • 2017/04 - 2019/03 核融合科学研究所 客員准教授
  • 2016/04 - 2019/03 量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門 主幹研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2012/09 - 現在 国際トカマク物理活動(ITPA) 輸送・閉じ込めトピカルグループ日本委員
  • 2019/06 - 2021/12 ITER機構 統合モデリング専門家グループ(IMEG)日本委員
  • 2016/10 - 2017/09 日本物理学会 領域2役員
  • 2014/06 - 2017/05 核融合エネルギーフォーラム 閉じ込め・輸送サブクラスター世話人
  • 2014/10 - 2016/09 日本物理学会 領域2運営委員
受賞 (9件):
  • 2021/11 - 量子科学技術研究開発機構 令和2年度JT-60共同研究優秀賞 多種イオン混合プラズマの乱流輸送及び分布形成に関する研究
  • 2020/09 - IOP Publishing IOP trusted reviewer
  • 2017/11 - 量子科学技術研究開発機構 平成28年度JT-60共同研究優秀賞 トカマク炉心プラズマにおける不純物輸送、鋸歯状振動、電流ホール平衡に関する研究
  • 2014/10 - 日本原子力研究開発機構 研究開発功績賞 核融合プラズマにおける径電場を介した自己無撞着な輸送解析体系の開発
  • 2013/10 - 日本原子力研究開発機構 研究開発功績賞 核融合プラズマの回転分布決定機構の研究
全件表示
所属学会 (2件):
プラズマ・核融合学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る