研究者
J-GLOBAL ID:201801007574605825   更新日: 2022年04月01日

春松 敏夫

Toshio Harumatsu
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 外科学一般、小児外科学
研究キーワード (1件): 小児外科
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 Liquid Biopsyによる胆道閉鎖症の出生前診断と胎児治療の可能性探索
  • 2020 - 2023 臍帯血分析による胆道閉鎖症の免疫学的病因解明と発症予防へ向けた多施設共同研究
  • 2020 - 2023 Rubiconのオートファジー制御に基づくIFALDのメカニズム解明と克服的治療
  • 2020 - 2023 ニーズアセスメントにより国際格差を是正する小児内視鏡外科プログラム開発と世界展開
  • 2019 - 2022 拡散強調MRIテンソル解析による中枢神経発達を見据えた小児短腸患者新規栄養法開発
全件表示
論文 (147件):
  • Makoto Matsukubo, Mitsuru Muto, Chihiro Kedoin, Mayu Matsui, Masakazu Murakami, Koshiro Sugita, Keisuke Yano, Shun Onishi, Toshio Harumatsu, Koji Yamada, et al. An unusual presentation of intestinal duplication mimicking torsion of Meckel's diverticulum: a rare report of a pediatric case. Surgical case reports. 2022. 8. 1. 53-53
  • Shun Onishi, Mitsuru Muto, Toshio Harumatsu, Masakazu Murakami, Chihiro Kedoin, Mayu Matsui, Koshiro Sugita, Keisuke Yano, Koji Yamada, Waka Yamada, et al. Intraoperative visualization of urethra using illuminating catheter in laparoscopy-assisted anorectoplasty for imperforated anus-A novel and safe technique for preventing urethral injury. Asian journal of endoscopic surgery. 2022
  • Ryuta Masuya, Toshihiro Muraji, Toshio Harumatsu, Mitsuru Muto, Kazuhiko Nakame, Atsushi Nanashima, Satoshi Ieiri. Biliary atresia: Graft-versus-host disease with maternal microchimerism as an etiopathogenesis. Transfusion and apheresis science : official journal of the World Apheresis Association : official journal of the European Society for Haemapheresis. 2022. 103410-103410
  • Ryuta Masuya, Mitsuru Muto, Kazuhiko Nakame, Masakazu Murakami, Koshiro Sugita, Keisuke Yano, Shun Onishi, Toshio Harumatsu, Koji Yamada, Waka Yamada, et al. Impact of the Number of Board-Certified Pediatric Surgeons per Pediatric Population on the Outcomes of Laparoscopic Fundoplication for Neurologically Impaired Patients. Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A. 2022
  • Toshio Harumatsu, Koshiro Sugita, Satoshi Ieiri, Masayuki Kubota. Risk factor analysis of irreversible renal dysfunction based on fetal ultrasonographic findings in patients with persistent cloaca: Results from a nationwide survey in Japan. Journal of pediatric surgery. 2022. 57. 2. 229-234
もっと見る
MISC (232件):
  • 大西 峻, 川野 孝文, 祁答院 千寛, 松井 まゆ, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 杉田 光士郎, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, et al. 【小児外科疾患の家族内発生】Hirschsprung病. 小児外科. 2021. 53. 12. 1281-1284
  • 村上 雅一, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 春松 敏夫, 大西 峻, 山田 耕嗣, 加治 建, 家入 里志. 地域基幹病院における高難度鏡視下手術の安全な実践と後進への教育について 腹腔鏡下胆道拡張症手術の患者集約化は必要か?プロクター指導による自施設と他施設における手術成績の検証. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2021. 26. 7. CSY12-7
  • 家入 里志, 大西 峻, 村上 雅一, 山田 耕嗣, 矢野 圭輔, 春松 敏夫, 山田 和歌, 松久保 眞, 武藤 充, 加治 建. 鏡視下胆道再建術-安全な普及を目指した戦略について- 小児腹腔鏡下胆道拡張症手術における安全・確実な肝管空腸吻合術の取り組み 細径と破格に挑む手技の確立. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2021. 26. 7. CSY18-1
  • 春松 敏夫, 村上 雅一, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 加治 建, 家入 里志. 鎖肛の腹腔鏡手術で何が見えているのか-拡大視野での解剖の再認識と手技の注意点- 高精細拡大画像による鎖肛骨盤最深部解剖の識別と比肩する剥離操作を含む手術手技による腹腔鏡下肛門形成術. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2021. 26. 7. PD23-2
  • 家入 里志, 荒田 純平, 大西 峻, 村上 雅一, 杉田 光士郎, 矢野 圭輔, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 松久保 眞, et al. 小児ロボット支援手術の幕明け 小児外科領域における次世代手術支援ロボット開発 Soft Roboticsの可能性. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2021. 26. 7. WS14-6
もっと見る
書籍 (1件):
  • 帰してはいけない小児外来患者2 子どもの症状別 診断へのアプローチ
    医学書院 2018 ISBN:4260035924
経歴 (1件):
  • 鹿児島大学病院 小児外科 特任助教
受賞 (2件):
  • 2019/12 - 第32回日本内視鏡外科学会総会 カールストルツ賞 ワークショップ16「中間位鎖肛に対する軟性膀胱鏡を用いた確実な瘻孔処理と骨盤神経温存を目指した腹腔鏡補助下肛門形成術」
  • 2019/04 - The 44th Congress of Korean Society of Endoscopic & Laparoscopic Surgery (KSELS2019)& 9th International Symposium Video Award & Best Presentation
所属学会 (4件):
日本小児血液がん学会 ,  日本周産期・新生児医学会 ,  日本外科学会 ,  日本小児外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る