研究者
J-GLOBAL ID:201801007583266936   更新日: 2020年08月31日

太田 桂輔

オオタ ケイスケ | Ota Keisuke
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  基盤脳科学
研究キーワード (6件): 光遺伝学 ,  2光子イメージング ,  マウス ,  大脳皮質 ,  電気生理学 ,  神経生理学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2019 注意による体性感覚修飾を前脳基底部GABA作動性ニューロンに焦点を当て解明する
  • 2014 - 2017 仮想現実空間を用いた体性感覚弁別学習における大脳皮質フィードバック回路の機能解明
  • 2014 - 2016 二次運動野シナプス前細胞と一次体性感覚野シナプス後細胞の同時記録により大脳皮質フィードバック回路の情報伝達様式を解明する
  • 2012 - 2014 神経細胞間シナプス結合を同定するためのマルチ自動微小電極記録システムの開発
  • 2011 - 2013 超安定な神経活動計測に向けた脳振動追従型3次元マニピュレータシステムの開発
全件表示
論文 (14件):
MISC (23件):
書籍 (1件):
  • Phase Response Curves in Neuroscience: Theory, Experiment, and Analysis
    Springer Series in Computational Neuroscience 2012
講演・口頭発表等 (4件):
  • In vivo calcium imaging with a single cell resolution using “COSMO-Scope”, a new fast and wide-field two-photon microscope
    (UK-Japan Neuroscience Symposium 2020)
  • Cosmoscope, a new wide-field two-photon microscope
    (Current Trends and Future Directions of Synapse-Circuit Plasticity Research, Luncheon seminar, Nikon Instech Co., Ltd 2019)
  • 広視野2光子励起顕微鏡 Cosmoscopy のマジメな話
    (Neuro2019 ランチョンセミナー 株式会社ニコンインステック主催 2019)
  • In vivo多細胞同時記録に向けた自動細胞内記録装置
    (第53回 日本生体医工学大会 シンポジウム「先端技術で神経科学を切り拓く」 2014)
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 東京工業大学大学院 知能システム科学専攻 博士課程
  • 2005 - 2007 東京工業大学大学院 知能システム科学専攻 修士課程
  • 2001 - 2005 国際基督教大学 理学科
学位 (1件):
  • 博士 (工学) (東京工業大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 東京大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2017/04 - 2020/03 理化学研究所 脳神経科学研究センター 研究員
  • 2014/04 - 2017/03 日本学術振興会特別研究員 PD
  • 2012/04 - 2014/03 理化学研究所 基礎科学特別研究員
  • 2011/04 - 2012/03 理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2020/02 - NINS分野融合型共同研究事業ワークショップ 『運動・行動から紐解く脳神経回路発達メカニズムの異分野融合研究による解明』 最優秀ポスター賞
  • 2019 - Best poster award, Current Trends and Future Directions of Synapse-Circuit Plasticity Research, Shizuoka, Japan
  • 2015 - 電気学会 平成26年 電子・情報・システム部門誌奨励賞
  • 2009 - Travel award for Computational Neuroscience 2009, Berlin, Germany
所属学会 (4件):
日本生理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経回路学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る