研究者
J-GLOBAL ID:201801007719698924   更新日: 2021年10月20日

森谷 千尋

モリヤ チヒロ | Moriya Chihiro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 代謝、内分泌学 ,  代謝、内分泌学
研究キーワード (4件): XOR ,  キサンチンオキシドレダクターゼ ,  インスリン抵抗性 ,  糖尿病学
論文 (9件):
  • H. Satoh, L-CGM Study Group, T. Ohira, C. Moriya, I. Inoue, S. Kuribayashi, H. Seino, H. Hirai, T. Hiyoshi, H. Watada. Effects of linagliptin vs. voglibose on daily glucose excursions during continuous glucose monitoring of Japanese type 2 diabetes patients (L-CGM): A randomized, open-label, two-arm, parallel comparative trial. Diabetes and Metabolism. 2017. 43. 6. 550-553
  • Moriya C, Satoh H, Watada H. Febuxostat improves skeletal muscle insulin resistance via upregulating skeletal muscle PGC-1α expression in high fat diet fed male Wistar rats. Diabetologia. 2017. 60. Suppl. 1. S219-S219
  • Moriya C, Satoh H, Watada H. Febuxostat improves skeletal muscle insulin resistance via upregulating skeletal muscle PGC-1α expression in high-fat diet-fed male Wistar rats. Diabetes. 2017. 66. Suppl. 1. A524-A524
  • Moriya C, Satoh H. Teneligliptin decreases the uric acids levels by reducing xanthine dehydrogenase expression in White adipose tissue of the male Wister rats. Diabetologia. 2016. 59. Suppl. 1. S271 (568)
  • Moriya C, Satoh H. Teneligliptin decreases the uric acids levels by reducing xanthine oxidoreductase expression in white adipose tissue of the male Wistar rats. Diabetes. 2016. 65. Suppl. 1. A494(1919-P)
もっと見る
MISC (1件):
  • Hiroaki Satoh, Tetsuya Ohira, Chihiro Moriya, Ikuo Inoue, Shinichi Kuribayashi, Hiroaki Seino, Hiroyuki Hirai, Toru Hiyoshi, Hirotaka Watada. Effects of Linagliptin on Daily Glucose Excursion in Continuous Glucose Monitoring of Japanese Type 2 Diabetic Patients (L-CGM Study). DIABETES. 2017. 66. A315-A316
書籍 (1件):
  • ホルモンと臨床.62 (3): 241-244, 2014
    医学の世界社 2014
講演・口頭発表等 (14件):
  • Febuxostat improves skeletal muscle insulin resistance in high fat diet fed male Wistar rats and also increases phosphorilation of AKT and AMPK in c2c12 muscle cells.
    (78th American Diabetes Association Scientific Sessions. 2018)
  • 2型糖尿病患者に対するダパグリフロジンの血糖管理と心機能に与える影響の研究
    (第61回日本糖尿病学会学術総会 2018)
  • フェブキソスタットがインスリン抵抗性に及ぼす影響についての検討
    (第61回日本糖尿病学会学術総会 2018)
  • 患者自らがクッシング症候群を疑って受診し、副腎黒色腺腫によるクッシング症候群であった1例
    (2018年日本内分泌学会総会 2018)
  • ジアゾキサイドにより高血糖高浸透症候群を呈してた高齢者インスリノーマの一例
    (第639回 日本内科学会関東地方会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2012 - 2016 福島県立医科大学 大学院
  • 2004 - 2010 福島県立医科大学 医学科
経歴 (6件):
  • 2017/07 - 現在 順天堂大学 代謝内分泌内科学講座 助教
  • 2017/01 - 2017/06 順天堂大学 代謝内分泌内科学講座 専攻生
  • 2016/10 - 2016/12 福島県立医科大学 糖尿病・内分泌代謝内科学講座 博士研究員
  • 2012/10 - 2016/09 福島県立医科大学大学院 代謝制御学 大学院生
  • 2012/04 - 2012/09 福島県立医科大学 腎臓高血圧糖尿病内分泌代謝内科学講座 助手
全件表示
所属学会 (6件):
日本静脈経腸栄養学会 ,  日本病態栄養学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本内科学会 ,  日本痛風・尿酸核酸学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る