研究者
J-GLOBAL ID:201801007811583564   更新日: 2021年08月13日

山田 真也

ヤマダ シンヤ | Yamada Shinya
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/rikkyo.ac.jp/syamada-lab/
研究分野 (2件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 ,  天文学
研究キーワード (4件): 超伝導検出器 ,  X線天文学 ,  X線検出器 ,  ブラックホール
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2019 X線精密分光によるブラックホールバリオンジェットの観測的研究
  • 2015 - 2017 重力波天体の即時精密X線分光観測に向けた基盤構築
  • 2012 - 2014 X線分光偏光観測で探るブラックホールの激しい時間変動
論文 (136件):
  • Daikang Yan, Joel C. Weber, Kelsey M. Morgan, Abigail L. Wessels, Douglas A. Bennett, Christine G. Pappas, John A. Mates, Johnathon D. Gard, Dan T. Becker, Joseph W. Fowler, et al. Transition-Edge Sensor Optimization for Hard X-ray Applications. IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY. 2021. 31. 5
  • Tomoya Tsuchioka, Yasunobu Uchiyama, Ryota Higurashi, Hiroyoshi Iwasaki, Shumpei Otsuka, Shinya Yamada, Toshiki Sato. On the Origin of the Asymmetry of the Ejecta Structure and Explosion of G350.1-0.3. The Astrophysical Journal. 2021
  • Shinya Yamada, Yuto Ichinohe, Hideyuki Tatsuno, Ryota Hayakawa, Hirotaka Suda, Takaya Ohashi, Yoshitaka Ishisaki, Tomoya Uruga, Oki Sekizawa, Kiyofumi Nitta, et al. Broadband high-energy resolution hard x-ray spectroscopy using transition edge sensors at SPring-8. Review of Scientific Instruments. 2021
  • S. Yamada, R. Hayakawa, H. Tatsuno, J. W. Fowler, D. S. Swetz, D. A. Bennett, M. Durkin, G. C. O’Neil, J. N. Ullom, W. B. Doriese, et al. High Energy Background Event Identification Using Local Group Trigger in a 240-pixel X-ray TES Array. Journal of Low Temperature Physics. 2020. 200. 5-6. 392-399
  • S. Yamada, H. Tatsuno, S. Okada, T. Hashimoto. Coevolution of the Technology on Transition-Edge-Sensor Spectrometer and Its Application to Fundamental Science. Journal of Low Temperature Physics. 2020. 200. 5-6. 418-427
もっと見る
MISC (50件):
書籍 (3件):
  • 「すざく」が見たブラックホール連星 - 激しい強度変動と広帯域スペクトル --」
    日本天文学会 2015
  • 広帯域X線観測で挑むBHの謎 -- 冷たい円盤と非一様なコロナの共存 --
    日本天文学会 2014
  • 恒星質量ブラックホールの回転を計る
    日本天文学会 2010
講演・口頭発表等 (14件):
  • ブラックホール連星の状態遷移と時間変動
    (磁気流体プラズマで探る高エネルギー天体現象研究会 2018)
  • 精密X線分光技術の将来展望とそのサイエンス
    (高エネルギー天文学・宇宙物理学の観測と理論 2018)
  • A future X-ray mission to survey missing baryons
    (New development in astrophysics through multimessenger observations of gravitational wave sources 2016)
  • Developing fast-repointing framework for future satellites: based on the X-ray dark-baryon survey mission
    (New development in astrophysics through multimessenger observations of gravitational wave sources 2016)
  • Soft X-ray Spectrometer onboard ASTRO-H and future prospects
    (第13回 X線結像光学シンポジウム 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2011 東京大学 物理学科
  • 2002 - 2006 東京大学 物理学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 立教大学 理学部 物理学科 准教授
  • 2014/04 - 2020/03 首都大学東京 理学部物理学科宇宙物理実験室 助教
  • 2011/04 - 2014/03 理化学研究所 玉川宇宙物理研究室 基礎科学特別研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る