研究者
J-GLOBAL ID:201801008009195032   更新日: 2024年02月01日

川畑 公輔

カワバタ コウスケ | Kawabata Kohsuke
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://web.tohoku.ac.jp/ogchmii/index.htmlhttp://web.tohoku.ac.jp/ogchmii/index_e.html
研究分野 (2件): 機能物性化学 ,  有機機能材料
研究キーワード (3件): 有機合成化学 ,  超分子化学 ,  有機エレクトロニクス
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2023 - 2026 ”結晶構造マニュピレーション”:ペリ縮合多環芳香族の高性能有機半導体化
  • 2019 - 2023 近赤外有機半導体の創製
  • 2019 - 2021 アセンジカルコゲノフェンジオン骨格を有する有機近赤外フォトディテクター材料の開発
論文 (71件):
  • Kohsuke Kawabata, Kazuo Takimiya. Quinoidal Acenedichalcogenophenediones for Near-Infrared-Absorbing Organic Semiconductors: Effects of Chalcogen Atom Substitution on the Physicochemical and Carrier Transport Properties. CHEMISTRY OF MATERIALS. 2023. 35. 18. 7628-7642
  • Kiseki Kanazawa, Kirill Bulgarevich, Kohsuke Kawabata, Kazuo Takimiya. Methylthiolation of Acenes: Change of Crystal Structure from Herringbone to Rubrene-like Pitched & pi;-Stacking Structure. CRYSTAL GROWTH & DESIGN. 2023. 23. 8. 5941-5949
  • Kiseki Kanazawa, Kirill Bulgarevich, Kohsuke Kawabata, Kazuo Takimiya. Uncovered Effects of thieno[2,3-b]thiophene Substructure in a Tetrathienoacene Backbone: Reorganization Energy and Intermolecular Interaction. CHEMISTRY OF MATERIALS. 2022
  • Kazuo Takimiya, Kirill Bulgarevich, Kamon Sahara, Kiseki Kanazawa, Hiroyuki Takenaka, Kohsuke Kawabata. What Defines a Crystal Structure? Effects of Chalcogen Atoms in 3,7-Bis(methylchalcogeno)benzo[1,2-b:4,5-b ']dichalcogenophene-Based Organic Semiconductors(dagger). CHINESE JOURNAL OF CHEMISTRY. 2022. 40. 21. 2546-2558
  • Chengyuan Wang, Mamatimin Abbas, Guillaume Wantz, Kohsuke Kawabata, Kazuo Takimiya. "Heavy-atom effects" in the parent [1]benzochalcogenopheno[3,2-b][1]benzochalcogenophene system (vol 8, pg 15119, 2020). JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY C. 2022. 10. 32. 11810-11810
もっと見る
特許 (4件):
  • 高分子化合物、該高分子化合物からなる有機半導体材料並びに該高分子化合物を有する有機半導体及び有機トランジスタ
  • フェニルアルコキシ二置換アセチレンン系重合体
  • エレクトロ蛍光クロミズムを示す高分子ナノファイバー
  • ネマチック液晶電解液を用いた共役高分子膜の製造法と光学的異方性を有する共役高分子膜
学歴 (2件):
  • 2008 - 2013 筑波大学 大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻
  • 2004 - 2008 筑波大学 第三学群工学基礎学類 物質・分子工学主専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (筑波大学)
経歴 (6件):
  • 2017/08 - 現在 理化学研究所 創発物性科学研究センター 客員研究員
  • 2017/08 - 現在 東北大学 大学院理学研究科 化学専攻 助教
  • 2017/02 - 2017/07 理化学研究所 創発物性科学研究センター 研究員
  • 2015/02 - 2017/01 Yale University Department of Chemical and Environmental Engineering 日本学術振興会海外特別研究員
  • 2013/04 - 2015/01 理化学研究所 創発物性科学研究センター 特別研究員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2018/11 - The Ninth International Forum on Chemistry of Functional Organic Chemicals (IFOC-9) Best Poster Award
  • 2018/03 - 日本化学会 優秀講演賞(学術)
  • 2012/10 - 日本化学会 CSJ化学フェスタ 最優秀ポスター賞
  • 2012/07 - ICSM2012 (Royal Society of Chemistry) Journal of Materials Chemistry poster prize
  • 2011/06 - 繊維学会 繊維学会年次大会 若手ポスター賞
所属学会 (1件):
日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る