研究者
J-GLOBAL ID:201801008017592199   更新日: 2020年09月01日

田中 信之

Tanaka Nobuyuki
研究分野 (1件): 医化学
論文 (69件):
  • Katsuhiko Itoh, Takahiro Ebata, Hiroaki Hirata, Takeru Torii, Wataru Sugimoto, Keigo Onodera, Wataru Nakajima, Ikuno Uehara, Daisuke Okuzaki, Shota Yamauchi, et al. DMPK is a new candidate mediator of tumor suppressor p53-dependent cell death. Molecules. 2019. 24. 17
  • Masahiro Shimizu, Nobuyuki Tanaka. IL-8-induced O-GlcNAc modification via GLUT3 and GFAT regulates cancer stem cell-like properties in colon and lung cancer cells. Oncogene. 2019. 38. 9. 1520-1533
  • Abe Y, Suzuki Y, Kawamura K, Tanaka N. MEP50/PRMT5-mediated methylation activates GLI1 in Hedgehog signalling through inhibition of ubiquitination by the ITCH/NUMB complex. Communications biology. 2019. 2. 23
  • Uehara I, Tanaka N. Role of p53 in the Regulation of the Inflammatory Tumor Microenvironment and Tumor Suppression. Cancers. 2018. 10. 7
  • Yoshinori Abe, Nobuyuki Tanaka. Roles of the Hedgehog signaling pathway in epidermal and hair follicle development, homeostasis, and cancer. Journal of Developmental Biology. 2017. 5. 4
もっと見る
講演・口頭発表等 (115件):
  • ケロイド新治療薬開発への挑戦
    (日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集 2018)
  • ケロイド新治療薬開発に向けたケロイド患者と健常人の真皮における遺伝子発現プロファイル解析
    (日本創傷外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018)
  • 転写因子HIF-1αによる薬剤耐性獲得と癌幹細胞維持機構の解析
    (日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2018)
  • 非小細胞肺癌細胞株におけるシスプラチンとEGFR-TKIによるアポトーシスの考察
    (日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2018)
  • BRCAness乳癌細胞株の微小管阻害薬パクリタキセルに対する抵抗性機構の解析
    (日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士(東京大学)
所属学会 (2件):
日本分子生物学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る