研究者
J-GLOBAL ID:201801008136376968   更新日: 2021年04月23日

陣内 浩司

ジンナイ ヒロシ | Jinnai Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/jinnai/
研究分野 (4件): 応用物理一般 ,  高分子材料 ,  ナノ構造物理 ,  ナノ材料科学
研究キーワード (3件): 高分子物理 ,  電子顕微鏡 ,  電子線トモグラフィ
論文 (239件):
  • Yumi Kourakata, Tsunenobu Onodera, Hitoshi Kasai, Hiroshi Jinnai, Hidetoshi Oikawa. Ultra-low dielectric properties of porous polyimide thin films fabricated by using the two kinds of templates with different particle sizes. Polymer. 2021. 212. 123115-123115
  • Yohei K. Sato, Yasufumi Kuwauchi, Wakana Miyoshi, Hiroshi Jinnai. Visualization of chemical bonding in a silica-filled rubber nanocomposite using STEM-EELS. Scientific Reports. 2020. 10. 1
  • Hsiao-Fang Wang, Po-Ting Chiu, Chih-Ying Yang, Zhi-Hong Xie, Yu-Chueh Hung, Jing-Yu Lee, Jing-Cherng Tsai, Ishan Prasad, Hiroshi Jinnai, Edwin L. Thomas, et al. Networks with controlled chirality via self-assembly of chiral triblock terpolymers. Science Advances. 2020. 6. 42. eabc3644-eabc3644
  • Mitsunori Toyoda, Shunsuke Aizawa, Shiori Gondai, Toshiyuki Kakudate, Masaki Ageishi, Hiroshi Jinnai, Jun Chen. Staining-free observation of polymer blend thin films on transmission extreme ultraviolet microscopy. Applied Physics Express. 2020. 13. 8. 082011-082011
  • Satoshi Nakamura, Hideyuki Mitomo, Yu Sekizawa, Takeshi Higuchi, Yasutaka Matsuo, Hiroshi Jinnai, Kuniharu Ijiro. Strategy for Finely Aligned Gold Nanorod Arrays Using Polymer Brushes as a Template. Langmuir. 2020. 36. 13. 3590-3599
もっと見る
MISC (106件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • ポリマーの強靱化技術最前線 : 破壊機構、分子結合制御、しなやかタフポリマーの開発
    エヌ・ティー・エス 2020 ISBN:9784860436681
  • 静的光散乱ー高分子集合体・多成分系(高分子実験学第6巻 高分子の構造(2))
    共立出版 1997 ISBN:4320043316
  • SANS Studies of Early Stage Spinodal Decomposition
    Springer, Berlin, Heidelberg 1994 ISBN:9783642788956
講演・口頭発表等 (85件):
  • ナノコンポジット材料におけるナノ構造解析
    (ナノファイバー学会第 10 回年次大会 2020)
  • 電子顕微鏡によるナノコンポジット材料の界面・高次構造評価の現状
    (第69回高分子討論会 2020)
  • Static and dynamical 3D characterizations of the organic-inorganic interface in nano-composite materials using electron microscopy
    (12th Asia-Pacific Microscopy Conference (APMC-2020) 2020)
  • ソフトマテリアル電子顕微鏡観察におけるコントラスト増強とその場観察へ向けての取り組み
    (高分子のためのキャラクタリゼーションセミナー 2019)
  • 変形下にある高分子材料の(TEMによる)その場観察
    (第29回日本MRS年次大会 P:変形下にある高分子材料の解析技術最前線 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1990 - 1993 京都大学 高分子化学専攻 博士後期課程
  • 1988 - 1990 京都大学 高分子化学専攻 博士前期課程
  • 1984 - 1988 京都大学 高分子化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (13件):
  • 2019/10 - 現在 科学技術振興機構 戦略創造推進事業 CREST 研究代表者(兼任)
  • 2015/04 - 現在 東北大学 多元物質科学研究所 教授
  • 2011/04 - 2015/03 九州大学 先導物質化学研究所 特任教授(兼任)
  • 2011/04 - 2014/03 九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 WPI教授(兼任)
  • 2011/04 - 2014/03 科学技術振興機構 高原ソフト界面プロジェクト 技術参事&グループリーダー
全件表示
受賞 (9件):
  • 2017/05 - 高分子学会 高分子学会学会賞 「高分子多成分系界面の3次元形態観察およびダイナミクスの解明」
  • 2012/05 - 日本顕微鏡学会 日本顕微鏡学会 学会賞(瀬藤賞)A:顕微鏡基礎部門 「定量的電子線トモグラフィー技法の確立とその応用研究」
  • 2010/11 - 米国物理学会 Fellow of the American Physical Society "For elucidating the three-dimensional morphology of complex polymer system by transmission electron microtomograpy"
  • 2010/05 - 日本ゴム協会 第1回 ブリヂストンソフトマテリアルフロンティア賞 「フィラー含有ゴムのフィラー3次元分散状態と力学物性の解明」
  • 2008/06 - 産学官連携推進会議 産学官連携推進会議 第6回産学官連携功労者表彰 文部科学大臣賞 「高分解能三次元電子顕微鏡装置」の開発
全件表示
所属学会 (6件):
ドイツ顕微鏡学会 ,  アメリカ化学会 ,  アメリカ物理学会 ,  日本ゴム協会 ,  高分子学会 ,  日本顕微鏡学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る