研究者
J-GLOBAL ID:201801008139673661   更新日: 2020年10月20日

飯村 康司

Iimura Yasushi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 脳神経外科学
研究キーワード (5件): phase amplitude coupling ,  てんかん性スパズム ,  てんかん外科 ,  脳波 ,  てんかん
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2020 頭皮脳波高周波律動と徐波のCoupling解析による生理機能とてんかん原生の解明
論文 (40件):
  • Most Sheuli Akter, Md Rabiul Islam, Yasushi Iimura, Hidenori Sugano, Kosuke Fukumori, Duo Wang, Toshihisa Tanaka, Andrzej Cichocki. Multiband entropy-based feature-extraction method for automatic identification of epileptic focus based on high-frequency components in interictal iEEG. Scientific reports. 2020. 10. 1. 7044-7044
  • Takumi Mitsuhashi, Hidenori Sugano, Keiko Asano, Takayuki Nakajima, Madoka Nakajima, Hidehiro Okura, Yasushi Iimura, Hiroharu Suzuki, Yuichi Tange, Toshihisa Tanaka, et al. Functional MRI and Structural Connectome Analysis of Language Networks in Japanese-English Bilinguals. Neuroscience. 2020. 431. 17-24
  • 飯村 康司, 菅野 秀宣, 中島 円, 肥後 拓磨, 鈴木 皓晴, 三橋 匠, 上田 哲也, 新井 一. Bottom of sulcus dysplasia部分と周囲の脳皮質脳波解析. 臨床神経生理学. 2019. 47. 5. 433-433
  • 飯村 康司, 菅野 秀宣, 中島 円, 肥後 拓磨, 鈴木 皓晴, 三橋 匠, 上田 哲也, 五十嵐 鮎子, 大坪 宏, 新井 一. 減衰性の変調指数は発作治療に関する良い兆候なのか 点頭てんかんを伴うSturge-Weber症候群患者(Is decremental modulation index a sign of good seizure outcome: a Sturge-Weber syndrome case with epileptic spasms). 臨床神経生理学. 2019. 47. 5. 435-435
  • Yasushi Iimura, Hidenori Sugano, Madoka Nakajima, Takuma Higo, Hiroharu Suzuki, Takumi Mitsuhashi, Tetsuya Ueda, Kostadin Karagiozov, Ayuko Igarashi, Hiroshi Otsubo, et al. Is decremental modulation index on scalp EEG a sign of good seizure outcome? A Sturge-Weber syndrome case with epileptic spasms. Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology. 2019. 130. 9. 1499-1501
もっと見る
MISC (49件):
  • 上田哲也, 飯村康司, 三橋匠, 鈴木皓晴, 菅野秀宣, 新井一. てんかん外科治療後に精神症状を顕在化したために術後早期に抗てんかん薬を減量した一例. てんかん研究. 2019. 37. 1. 60-66(J-STAGE)-66
  • 井上 岳司, 川脇 壽, 永瀬 静香, 山本 直寛, 温井 めぐみ, 九鬼 一郎, 岡崎 伸, 中西 陽子, 川島 俊幸, 國廣 誉世, et al. 10年以上続くMRI陰性難治てんかんに対しててんかん外科を行った2症例の臨床的検討(More than 10-year history pharmaco-resistant MRI negative extra-temporal epilepsy). 脳と発達. 2019. 51. Suppl. S374-S374
  • ニャムラダナー ビャムバドルジ, 福森 航輔, 田中 聡久, 飯村 康司, 三橋 匠, 菅野 秀宣. RNNを用いた発作間欠時脳波からのてんかん発作起始領域の推定 (信号処理). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2019. 118. 496. 229-231
  • ニャムラダナー ビャムバドルジ, 福森 航輔, 田中 聡久, 飯村 康司, 三橋 匠, 菅野 秀宣. RNNを用いた発作間欠時脳波からのてんかん発作起始領域の推定 (応用音響). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2019. 118. 495. 229-231
  • NYAMRADNAA Byambadorj, 福森航輔, 田中聡久, 飯村康司, 三橋匠, 菅野秀宣. RNNを用いた発作間欠時脳波からのてんかん発作起始領域の推定. 電子情報通信学会技術研究報告. 2019. 118. 495(EA2018 99-159). 229-231
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る