研究者
J-GLOBAL ID:201801008139673661   更新日: 2021年12月17日

飯村 康司

Iimura Yasushi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 神経科学一般 ,  脳神経外科学
研究キーワード (6件): 脳波解析 ,  スタージウェーバー症候群 ,  くも膜下出血後遅発性脳虚血 ,  てんかん性スパズム ,  high frequency oscillations ,  phase amplitude coupling
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2020 頭皮脳波高周波律動と徐波のCoupling解析による生理機能とてんかん原生の解明
  • 頭皮脳波と術中頭蓋内脳波を用いたHigh frequency oscillations およびPhase-Amplitude Coupling解析によるてんかん性スパズムの病態分析
論文 (48件):
  • Yao Miao, Yasushi Iimura, Hidenori Sugano, Kosuke Fukumori, Taku Shoji, Toshihisa Tanaka. Seizure Onset Zone Identification Based on Phase-Amplitude Coupling of Interictal Electrocorticogram. Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual International Conference. 2021. 2021. 587-590
  • 飯村 康司, 菅野 秀宣, 中島 円, 肥後 拓磨, 鈴木 皓晴, 三橋 匠, 上田 哲也, 安部 信平, 池野 充, 五十嵐 鮎子, et al. 小児てんかんをどう治療していますか? 当院における難治性てんかんに対する多脳葉離断術77例の成績. 小児の脳神経. 2021. 46. 2. 161-161
  • 上田 哲也, 飯村 康司, 鈴木 皓晴, 菅野 秀宣. 高周波律動と徐波のcoupling解析による脳梁離断術後の発作消失が得られた2症例の検討. 小児の脳神経. 2021. 46. 2. 195-195
  • Yasushi Iimura, Hidenori Sugano, Takumi Mitsuhashi, Tetsuya Ueda, Kostadin Karagiozov, Shimpei Abe, Hiroshi Otsubo. Case Report: Subtotal Hemispherotomy Modulates the Epileptic Spasms in Aicardi Syndrome. Frontiers in neurology. 2021. 12. 683729-683729
  • Hidenori Sugano, Yasushi Iimura, Ayuko Igarashi, Mika Nakazawa, Hiroharu Suzuki, Takumi Mitsuhashi, Madoka Nakajima, Takuma Higo, Tetsuya Ueda, Hajime Nakanishi, et al. Extent of Leptomeningeal Capillary Malformation is Associated With Severity of Epilepsy in Sturge-Weber Syndrome. Pediatric neurology. 2020. 117. 64-71
もっと見る
MISC (84件):
  • 飯村康司, 菅野秀宣, 中島円, 肥後拓磨, 鈴木皓晴, 三橋匠, 上田哲也, 安部信平, 池野充, 五十嵐鮎子, et al. 当院における難治性てんかんに対する多脳葉離断術77例の成績. 小児の脳神経. 2021. 46. 2
  • 林恒太朗, 古明地秀治, 三橋匠, 飯村康司, 鈴木皓晴, 菅野秀宣, 篠田浩一, 田中聡久. 頭蓋内脳波からのエンコーダ・デコーダモデルによる想像音声推定. 電子情報通信学会技術研究報告(Web). 2021. 120. 397(EA2020 59-89)
  • 菅野秀宣, 飯村康司, 鈴木皓晴, 上田哲也, TAMRAKAR Samata, 中島円. 発作間欠期・術中脳波の活用. てんかん研究. 2021. 39. 2
  • 飯村康司, 鈴木皓晴, 上田哲也, 菅野秀宣. Phase-amplitude coupling解析を用いたてんかん性スパズムに対する脳梁離断術の効果の検討. てんかん研究. 2021. 39. 2
  • 上田哲也, 鈴木皓晴, 飯村康司, 菅野秀宣. Phase amplitude coupling解析による発作時脳波分析. てんかん研究. 2021. 39. 2
もっと見る
書籍 (1件):
  • クリニカルニューロサイエンス
    中外医学社 2020
学歴 (2件):
  • 2013 - 2017 順天堂大学大学院 脳神経外科学講座
  • - 2006 信州大学 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (順天堂大学大学院医学研究科)
経歴 (3件):
  • 2018/01 - 現在 順天堂大学 脳神経外科 助教
  • 2016/01 - 2017/12 The Hospital for Sick Children, Division of Neurology, Research fellow
  • 2008/04 - 順天堂大学 脳神経外科 助手
受賞 (1件):
  • 2017 - 日本てんかん学会 優秀ポスター賞 脳神経外科部門
所属学会 (8件):
日本頭痛学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本小児神経外科学会 ,  日本小児神経学会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  日本てんかん外科学会 ,  日本てんかん学会 ,  日本脳神経外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る