研究者
J-GLOBAL ID:201801008152619242   更新日: 2021年08月05日

小野 達哉

オノ タツヤ | Ono Tatsuya
所属機関・部署:
職名: 客員研究員
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (3件): 巴県檔案 ,  清代官僚制度 ,  唐宋変革
論文 (14件):
  • 小野達哉(薛雲紅・呉佩林訳). 清末巴県胥吏譚敏政. 四川大学学報(哲学社会科学版). 2020. 2020. 02. 85-96
  • 小野達哉. 清末重慶の義渡をめぐる社会的構図. 東アジア研究. 2019. 70. 19-30
  • 小野達哉(杜金訳). 『巴県檔案』読書会研討詞彙集. 中国古代法律文献研究. 2018. 12. 536-558
  • 小野達哉. 巴県檔案に見る訴願と官府の対応-同治時代の2つの事件から-. 東アジア研究. 2018. 69. 21-34
  • 小野達哉(凌鵬訳). 清末巴県農村地区的賦税包攬与訴訟之関係-以“抬墊”為例進行検討-. 法律史訳評. 2017. 5. 256-274
もっと見る
書籍 (1件):
  • 京都大学大学院人間・環境学研究科漢籍目録
    京都大学大学院人間・環境学研究科 2010
講演・口頭発表等 (9件):
  • 清朝末期的重慶米市与公共領域:以六宝公所米市為例
    (中国法律与歴史国際学会在線双年会 2021)
  • 清末重慶的社会安定化与流動化-従『巴県檔案(同治朝)』中与団練相関的記載説起-
    (多元視角下的伝統法律文献研究国際学術研討会 2019)
  • 清末重慶の義渡をめぐる社会的構図
    (「近世・近代環東アジア地域における都市ネットワークに関する社会動態史研究」研究会 2019)
  • 従巴県檔案来看訴願及官府応対-対同治時期両個事件的考察-
    (第4届地方檔案与文献研究学術研討会 2018)
  • 清朝末期的重慶義渡-以社会構造為中心-
    (中日古代中国社会文化史学術研討会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 2000 京都大学大学院 東洋史学専修
  • 1995 - 1997 京都大学大学院 東洋史学専修
  • 1991 - 1995 京都大学 史学科東洋史学専攻
学位 (1件):
  • 文学修士
経歴 (7件):
  • 2018/04 - 現在 大阪経済法科大学 教養部 非常勤講師
  • 2017/10 - 現在 大阪経済法科大学 アジア研究所 客員研究員
  • 2015/04 - 現在 大阪国際大学 国際教養学部 非常勤講師
  • 2014/04 - 現在 神戸国際大学 経済学部 非常勤講師
  • 2007/04 - 現在 同志社大学 文学部 嘱託講師
全件表示
所属学会 (3件):
文化史学会 ,  史学研究会 ,  東洋史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る