研究者
J-GLOBAL ID:201801008170640836   更新日: 2021年09月14日

副島 尭史

Soejima Takafumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 生涯発達看護学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 患者報告アウトカムを用いた小児脳腫瘍患者の認知機能・QOL向上支援プログラム開発
  • 2019 - 2022 がん経験者の「労働生活の質」を向上する家族機能へのアプローチ手法の開発
  • 2016 - 2020 小児がん経験者の疾患認知に着目した就労支援プログラムの開発
  • 2014 - 2019 小児がん看護の標準化を目指した「ガイドライン」の臨床活用の検討とケアモデルの開発
  • 2014 - 2017 被災地の小児がん患者と家族が経験する重層的なトランジションを支える看護のあり方
論文 (22件):
  • Rei Oshiro, Takafumi Soejima, Keiichiro Tada, Miho Suzuki, Shinji Ohno, Kuniko Yubune, Seigo Nakamura, Harumi Fukuchimoto, Junko Takei, Hideko Yamauchi, et al. Anxiety and related factors among parents of patients with breast cancer after surgery in Japan: A multi-informant and multilevel study. Japan journal of nursing science : JJNS. 2021. e12452
  • Takafumi Soejima, Masaaki Shiohara, Yasushi Ishida, Masami Inoue, Akira Hayakawa, Atsushi Sato, Kiyoko Kamibeppu, Yoshiko Atsuta, Takuya Yamashita. Impact of cGVHD on socioeconomic outcomes in survivors with pediatric hematopoietic stem cell transplant in Japan: a cross-sectional observational study. International journal of hematology. 2021. 113. 4. 566-575
  • Mariko Sakka, Sachiko Kita, Iori Sato, Takafumi Soejima, Hisashi Eguchi, Masahito Tokita, Noriko Yamamoto-Mitani, Akihito Shimazu, Kiyoko Kamibeppu. Reliability and validity of the Japanese version of the Caregiving Interface Work Scale in employed Japanese family caregivers. Geriatrics & gerontology international. 2021. 21. 2. 254-261
  • 副島 尭史, 星 順隆, 吉備 智史, 江本 駿, 東樹 京子, 上別府 圭子. 一般児童生徒への小児がん啓発授業が小児がん患者に対する知識・関心に与える影響. 小児保健研究. 2021. 80. 1. 46-55
  • Mari Ikeda, Iori Sato, Takafumi Soejima, Ami Setoyama, Kyoko Kobayashi, Rieko Fukuzawa, Kiyoko Kamibeppu. Parents’ Perceptions and Judgment Formation Process of Their Infants’ Quality of Life. Open Journal of Nursing. 2020. 10. 12. 1219-1232
もっと見る
MISC (21件):
書籍 (6件):
  • 小児がん治療後の長期フォローアップガイド
    クリニコ出版 2021 ISBN:9784910396132
  • 小児がん看護ケアガイドライン2018:小児がんの子どものQOLの向上を目指した看護ケアのために
    特定非営利活動法人日本小児がん看護学会 2018
  • 系統看護学講座 別巻 家族看護学
    医学書院 2018
  • PTGの可能性と課題
    2016
  • 社会を変える健康のサイエンス~健康総合科学への21の扉~
    東京大学出版社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • 日本における入院中の小児がん患者に対する食事管理:医師の視点から
    (第62回日本小児血液・がん学会学術集会)
  • 病棟保育士による保育が入院児付き添い家族の負担感・心理的ストレス反応・入院生活満足度に与える影響:横断的観察研究
    (第67回日本小児保健協会学術集会)
  • 患者・家族に渡す自記式調査票を施設担当医に送付するタイミングの改善による回収率の向上:小児B前駆細胞性急性リンパ性白血病に対する多施設共同第II相および第III相臨床試験(ALL-B12)の経験
    (日本臨床試験学会第11回学術集会総会 2020)
  • A 病院の小児科病棟における復学支援の取り組みと今後の課題:看護師の視点から
    (第17回日本小児がん看護学会学術集会 2019)
  • 入院治療中の小児がん患者の身体活動量と家族機能の関連
    (第17回日本小児がん看護学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2013 - 2015 東京大学大学院 健康科学・看護学専攻 博士課程
  • 2009 - 2013 東京大学大学院 健康科学・看護学専攻 修士課程
学位 (1件):
  • 保健学(博士) (東京大学)
経歴 (1件):
  • 2015/07 - 2021/03 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻 家族看護学分野 助教
委員歴 (4件):
  • 2016/06 - 現在 日本小児血液・がん学会 看護委員会 オブザーバー
  • 2013/04 - 現在 日本小児がん研究グループ(日本小児白血病・リンパ腫研究グループ) 長期フォローアップ委員会 オブザーバー
  • 2017/01 - 2021/03 日本小児がん看護学会 事務局
  • 2017/01 - 2020/12 日本小児がん看護学会 学術検討委員会 委員
所属学会 (4件):
日本小児保健学会 ,  日本小児血液・がん学会 ,  日本小児がん看護学会 ,  日本家族看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る