研究者
J-GLOBAL ID:201801008188083764   更新日: 2021年07月13日

平澤 孝枝

ヒラサワ タカエ | Hirasawa Takae
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 神経科学一般 ,  神経科学一般
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 生後環境に起因するミクログリアの異常からみた精神発達遅滞の病態解明アプローチ
  • 2012 - 2018 ヒストンリジンメチル化制御系に基づく脳機 能の理解と治療戦略への展開
  • 2014 - 2017 幼若期ストレスが惹起する脳サイトカインネットワークの構築異常の解明
  • 2011 - 2013 精神ストレスに起因するゲノム可変性からみた発達障害の基盤メカニズムの解明
  • 2009 - 2010 シナプス形成分子のエピジェネティクスな調節に基づく小児自閉症の病態解明アプローチ
全件表示
論文 (28件):
MISC (11件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 幼若期ストレスにおける脳内ミクログリア細胞の動態とストレス耐性
    (第36 回日本ストレス学会学術総会 2020)
  • ヒストンリジンメチル化酵素調節に起因する自閉症モデルマウスの後天的治療法の可能性
    (Conbio 2017 第40回 日本分子生物学会 2017)
  • 1. クリーフストラ症候群で見られる脳機能不全の後天的改善に向けて
    (第11回エピジェネティクス研究会年会 2017)
  • H3K9メチル化酵素EHMT1の神経機能調節に伴うミクログリアの活性化
    (第11回エピジェネティクス研究会年会 2017)
  • 小脳プルキンエ細胞特異的に発現するプロテアソーム活性化因子PA28γは、ヒストンH2Aのユビキチン化を介して神経機能を調節する
    (第40回日本神経科学学会 2017)
学位 (1件):
  • 博士(学術) (日本女子大学大学院)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る