研究者
J-GLOBAL ID:201801008267816530   更新日: 2021年03月28日

南雲 まき

ナグモ マキ | Nagumo Maki
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
研究分野 (1件): 教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (4件): 図画工作 ,  美術 ,  表現 ,  美術教育
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2018 子どもの表現活動の意義を考察する-東欧の子どもの表現活動を手掛かりに-
論文 (20件):
  • 南雲 まき, 飯田 栄治. ICT教育を用いた他文化理解教育の取り組み. 『2020年度ICT利用による教育改善研究発表会要旨』. 2020. 38-41
  • 南雲 まき. ロマの共同体と教育・芸術についての考察. 金沢学院大学紀要 = The journal of Kanazawa Gakuin University. 2020. 18. 78-83
  • 南雲 まき. 教育・芸術・贈与についての考察. 金沢学院大学紀要 = The journal of Kanazawa Gakuin University. 2020. 18. 71-77
  • 南雲 まき. 美術を通した異文化間コミュニケーションの可能性 : ポーランドにおける日本の様々な技法と材料を用いたワークショップの実践を手掛かりに. 美術教育学 = The journal for the Association of Art Education : 美術科教育学会誌. 2020. 41. 261-274
  • 南雲 まき. 美術による「贈与」の教育の可能性. 美術教育学研究 = Studies in art education : 大学美術教育学会誌. 2020. 52. 273-280
もっと見る
MISC (1件):
  • 南雲 まき. 「表現の国ポーランド」 (日本・ポーランド国交樹立100周年記念エッセイコンテスト3位入賞). 2019
書籍 (1件):
  • 新時代の教職入門 : 共創型対話学習で次世代の教師はこうして養成する!
    北國新聞社 2020 ISBN:9784833022132
講演・口頭発表等 (7件):
  • ICT教育を用いた多文化理解教育の取り組み
    (私立大学情報教育協会 2020年度ICT利用による教育改善研究発表会 2020)
  • 美術による贈与の教育の可能性
    (第59回大学美術教育学会2019岐阜大会 2019)
  • 教育における表現の意義についての考察-ポーランドの子どもの絵画を手掛かりに-
    (日本学校教育学会第42回研究大会 金沢大会 2019)
  • 日本・ポーランド国交樹立100周年記念講演 「Future Text」
    (日本・ポーランド国交樹立100周年記念講演 「Future Text」 2019)
  • 第二次世界大戦下におけるポーランドの子どもの絵画についての考察
    (2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2015 - 現在 東京学芸大学大学院教育学研究科(修士課程)美術教育専攻総合美術コース修了(修士 教育学)
  • 2005 - 現在 東京学芸大学教育学部芸術文化課程美術専攻卒業
経歴 (7件):
  • 2021/04 - 現在 立教大学 文学部 教育学科 特任准教授
  • 2017/04 - 2021/03 金沢学院大学 文学部 講師
  • 2016/04 - 2017/03 東京学芸大学 個人研究員
  • 2015/04 - 2017/03 学校法人 三幸学園 東京こども専門学校 非常勤講師
  • 2014/04 - 2016/03 東京学芸大学 ティーチング・アシスタント
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/06 - リキテックス賞
  • 2016/06 - 女流画家協会 マルオカ賞
所属学会 (3件):
日本学校教育学会 ,  美術科教育学会 ,  大学美術教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る