研究者
J-GLOBAL ID:201801008321205843   更新日: 2020年11月13日

佐藤 しづ子

サトウ シヅコ | satoh-kuriwada shizuko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 病態系口腔科学 ,  外科系歯学
研究キーワード (7件): 高齢者栄養障害 ,  小唾液腺唾液分泌量 ,  神経原性炎症 ,  血流 ,  味覚障害 ,  うま味検査法 ,  口腔乾燥症
競争的資金等の研究課題 (32件):
  • 2020 - 2023 味覚障害の改善は「フレイル予防」につながる-唾液を用いた免疫学的測定法の開発-
  • 2020 - 2023 「うま味」感受性低下の原因解明を基軸とした高齢者健康維持の治療基盤構築
  • 2019 - 2022 食欲調節機能と味覚機能を介した加齢者QOLの向上に役立つ亜鉛関連因子の解析
  • 2019 - 2022 苦味受容体と解毒酵素の多型解析と医療ビックデータによる発がんリスク評価法の開発
  • 2017 - 2020 味覚障害の病態解明と治療戦略の構築 -日本ータイ2国間比較研究-
全件表示
論文 (98件):
もっと見る
MISC (97件):
書籍 (3件):
  • 食物と健康の科学シリーズ だしの科学
    2017 ISBN:9784254435542
  • 口腔内科学
    永末書店 2016 ISBN:9784816013041
  • 高齢者の味覚障害に歯科医院を役立てよう!
    学建書院 2014 ISBN:9784762406904
講演・口頭発表等 (152件):
  • 東北メディカル・メガバンクのリファレンスパネルを利用した苦味受容体の遺伝子多型とアルコール飲料嗜好性の解析
    (日本味と匂学会第54回大会 2020)
  • 新型コロナウイルス感染症ストレスによる味覚障害
    (日本味と匂学会第54回大会 2020)
  • 味覚障害を併発した真珠腫性中耳炎の2例
    (第32回日本口腔診断学会・第29回日本口腔内科学会・第30回日本臨床口腔病理学会・ 2019)
  • ヒト炭酸脱水酵素6の遺伝子多型と味覚の感受性に関する研究
    (日本味と匂学会第53回大会 2019)
  • 唾液中亜鉛結合タンパク質を用いた味覚障害のスクリーニング法
    (日本味と匂学会第53回大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1986 - 1990 東北大学
  • - 1986 東北大学 歯学
学位 (1件):
  • 歯学博士 (東北大学)
経歴 (2件):
  • 2005/04 - 現在 東北大学 大学院歯学研究科 助教
  • 1990/04 - 2000/03 東北大学 歯学部 助手
委員歴 (3件):
  • 2015/09 - 現在 日本口腔内科学会 代議員
  • 2015/09 - 現在 日本口腔診断学会 代議員
  • - 現在 日本味と匂学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2010/12 - 味と匂学会 Article of the Year 2010
所属学会 (5件):
日本味と匂学会 ,  日本口腔科学会 ,  口腔診断学会 指導医・専門医 ,  口腔内科学会 指導医・専門医 ,  日本歯科放射線学会 専門医・認定医
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る