研究者
J-GLOBAL ID:201801008339248183   更新日: 2021年04月08日

鈴木 赳生

スズキ タケオ | Suzuki Takeo
所属機関・部署:
職名: 研修員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Takeo_Suzuki5
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (6件): 思想 ,  社会理論 ,  批判 ,  先住民 ,  多文化主義 ,  知識生産
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2024 対立する「正しさ」の共存可能性-北米における先住民運動・思想の研究をとおして
  • 2019 - 2021 異質な他者との関係構築法の再創造ー多文化主義研究の検討と刷新を通して
  • 2018 - 2018 カナディアン・マルチカルチュラリズムの歴史と未来に関する調査研究
論文 (4件):
  • 鈴木赳生. ポスト多文化主義時代の共存: 現代カナダにおける先住民-非先住民の関係再生の空間へ/から. 博士学位論文(京都大学大学院文学研究科). 2021
  • 鈴木赳生. リベラル多文化主義と先住民の再起: 「理論」の独白から思想の対話へ. 現代社会学理論研究. 2020. 14. 31-44
  • 鈴木 赳生. 多文化主義思想における他者性の否認: 批判的人類学の挑戦に学ぶ. ソシオロジ. 2019. 63. 3. 41-58
  • 鈴木 赳生. マルチカルチュラリズム再考: 包括的な社会理論的検討のために. 京都社会学年報. 2017. 25. 35-56
MISC (3件):
  • 〈書評論文〉「存在論的転回」考. 京都社会学年報. 2019. 27. 95-102
  • 鈴木 赳生. 〈書評論文〉オルタ・ポリティクス: 批判的人類学とラディカルな想像力. 京都社会学年報. 2016. 24. 225-233
  • 鈴木 赳生. 〈書評論文〉「違法」という日常を生きる: 政策が移民家族を蝕むとき. 京都社会学年報. 2015. 23. 125-132
講演・口頭発表等 (10件):
  • [コメンテイター] 社会でうまれ、社会をうみだす力: 『集合的創造性』解
    (松田素二教授退職記念合評会 2021)
  • リベラル多文化主義論を学び捨てる: 現代カナダの定住植民地状況を前に
    (第14回日本社会学理論学会大会 2019)
  • 現代カナダにおける先住民政治の争点: 先住民-植民国家関係の再構築のために
    (第70回関西社会学会大会 2019)
  • 「承認の政治」の外部: 社会運動における自己承認の可能性
    (第91回日本社会学会大会 2018)
  • Multicultural Question Encounters Liberal Multiculturalism
    (Pre-conference of Crossroads in Cultural Studies 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2021 京都大学 社会学研究室 博士後期課程
  • 2015 - 2017 京都大学 社会学研究室 修士課程
  • 2011 - 2015 京都大学
学位 (3件):
  • 学士 (京都大学文学部 社会学専修)
  • 修士 (京都大学大学院文学研究科 社会学専修)
  • 博士 (京都大学大学院文学研究科 社会学専修)
経歴 (9件):
  • 2021/04 - 現在 龍谷大学 農学部 非常勤講師
  • 2021/04 - 現在 同志社大学 社会学部 嘱託講師
  • 2021/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2019/04 - 2021/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2019/09 - 2020/08 ブリティッシュ・コロンビア大学 人類学部 訪問国際研究生
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2020/04 - 2021/03 京都社会学年報 編集委員
  • 2017/04 - 2019/03 京都社会学年報 編集委員
受賞 (1件):
  • 2019/06 - 関西社会学会 大会奨励賞
所属学会 (5件):
社会学研究会 ,  関西社会学会 ,  日本社会学会 ,  東京都立大学・首都大学東京社会人類学会 ,  日本社会学理論学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る