研究者
J-GLOBAL ID:201801008357753189   更新日: 2022年06月23日

菊地 かおり

キクチ カオリ | Kikuchi Kaori
所属機関・部署:
職名: 助教
論文 (23件):
  • 菊地,かおり. イギリスの教育改革にみる道徳/価値: 宗教教育・シティズンシップ教育・「基本的なブリテンの価値」. 季刊 人間と教育. 2021. 110. 98-103
  • 菊地, かおり, 鎌田, 公寿, 羽田野, 真帆, 坂口, 真康, 藤井, 大亮. 国際化・グローバル化対応の教育政策にみる目指す人物像の変遷: 後期中等教育に関わる議論を手がかりに. 国際教育評論. 2021. 17. 1-16
  • 小山, 晶子, 菊地, かおり. イングランドにおける追加言語としての英語(EAL)学習者への支援体制の変化: アカデミーの事例に着目して. 教育学系論集. 2021. 45. 2. 51-62
  • 菊地, かおり. 国際バカロレア(IB). みんなの教育用語. 2021
  • 菊地,かおり. 【書評】時津啓著『参加型メディア教育の理論と実践-バッキンガムによるメディア政策教育論の新たな展開をめざして』(明石書店、2019年). 日英教育研究フォーラム. 2020. 24. 93-97
もっと見る
書籍 (20件):
  • 諸外国の道徳教育の動向と展望
    学文社 2021
  • 国際理解教育を問い直す: 現代的課題への15のアプローチ
    明石書店 2021
  • 学校を離れる若者たち: ヨーロッパの教育政策にみる早期離学と進路保障
    ナカニシヤ出版 2021
  • 2022年度版 必携教職六法
    協同出版 2021
  • 2021年度版 必携教職六法
    協同出版 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • 国際バカロレア(IB)修了生の進学動機に関する研究: 日本にルーツをもつ学生に着目して
    (日本比較教育学会第57回大会 2021)
  • コロナ禍のイングランドにおける追加言語としての英語(EAL)学習者への支援: リーズ市の事例から
    (日本比較教育学会第57回大会 2021)
  • 日本の国際バカロレア認定校における「差異化(differentiation)」の実践と課題
    (第4回日本国際バカロレア教育学会 2019)
  • 国際化・グローバル化対応の教育政策にみる目指す人物像の変遷: 審議会答申に焦点を当てて
    (日本教育学会第78回大会 2019)
  • イングランドにおけるアカデミー拡大後のEAL支援体制の変化
    (日本比較教育学会第55回大会 2019)
もっと見る
委員歴 (1件):
  • 2019/07 - 2022/03 土浦市 土浦市多文化共生推進プラン検討委員会
受賞 (1件):
  • 2019/10/28 - 国立大学法人筑波大学 筑波大学若手教員奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る