研究者
J-GLOBAL ID:201801008374443240   更新日: 2021年09月16日

姉帯 飛高

アネタイ ヒダカ | Anetai Hidaka
所属機関・部署:
職名: 助手
研究分野 (1件): 解剖学
研究キーワード (2件): 肉眼解剖学 ,  比較解剖学
論文 (6件):
  • Anetai H, Kinose S, Sakamoto R, Onodera R, Kato K, Kawasaki Y, Miyaki T, Kudoh H, Sakai T, Ichimura K. Anatomic characterization of the tibial and fibular nutrient arteries in humans. Anat Sci Int. 2021. 96. 378-385
  • Tokita K, Anetai H (co-first author), Kojima R, Banneheka S, Aizawa Y, Naito M, Nakano T, Kageyama I, Kumaki K. Relationship of segmental variations in the human lumbar plexus to the length of the 12th rib. Ann Anat. 2021. 233. 151592
  • Kimura N, Kato K, Anetai H, Kawasaki Y, Miyaki T, Kudoh H, Sakai T, Ichimura K. Anatomical study of the soleus: application to improved imaging diagnoses. Clin Anat. 2021. 34. 991-1001
  • Anetai H, Tokita K, Sakamoto M, Midorikawa-Anetai S, Kojima R. Anatomic characterization of the parietal branches arising from the internal iliac artery in the fetal pig (Sus scrofa domestica). Folia Morphol. 2021. 80. 549-556
  • Anetai H, Tokita K, Kojima R, Aizawa Y, Kageyama I, Kumaki K. Variations in the course of the superior gluteal artery in relation to the lumbosacral plexus. Okajimas Folia Anat Jpn. 2017. 94. 2. 45-54
もっと見る
MISC (1件):
  • 姉帯(緑川)沙織, 時田幸之輔, 姉帯飛高, 小島龍平. <特集 新型コロナウィルス感染対策と授業> オンラインによる骨学実習・中枢神経系解剖学実習の試み. 形態・機能. 2021. 19. 2. 26-32
講演・口頭発表等 (29件):
  • 大殿筋停止構造の解剖学的特徴
    (日本解剖学会 第108回関東支部学術集会 2020)
  • 大殿筋の機能形態学的解析
    (第23回臨床解剖研究会 2019)
  • 大殿筋の形態学的・機能的解析
    (第73回日本人類学会-ヒト・霊長類比較解剖学分科会シンポジウム 2019)
  • 大殿筋の筋構築的解析
    (第124回日本解剖学会 2019)
  • 短母指外転筋へ合流する長母指外転筋副腱の機能的意義
    (第17回コ・メディカル形態機能学会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2017 順天堂大学大学院
  • 2012 - 2014 埼玉医科大学大学院
  • 2008 - 2012 埼玉医科大学 理学療法学科
学位 (1件):
  • 修士(医科学) (埼玉医科大学)
経歴 (6件):
  • 2018/01 - 現在 順天堂大学 大学院医学研究科 助手
  • 2018/01 - 現在 埼玉医療福祉専門学校 理学療法学科 非常勤講師
  • 2015/04 - 現在 埼玉医科大学 保健医療学部理学療法学科 非常勤講師
  • 2017/04 - 2017/12 埼玉医療福祉専門学校 理学療法学科 専任教員
  • 2012/04 - 2017/03 医療法人 リハビリテーション課 理学療法士
全件表示
所属学会 (5件):
日本解剖学会 ,  コ・メディカル形態機能学会 ,  日本人類学会 ,  日本霊長類学会 ,  日本美術解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る