研究者
J-GLOBAL ID:201801008636596565   更新日: 2021年07月24日

中尾 淳

ナカオ アツシ | NAKAO ATSUSHI
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://na4ka5.wixsite.com/kpu-soil-chemistry
研究分野 (5件): 環境農学 ,  大気水圏科学 ,  植物栄養学、土壌学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (8件): 酸素同位体比 ,  蛇紋岩 ,  鉱物風化 ,  放射性セシウム ,  黄砂 ,  放射生態学 ,  土壌生成学 ,  土壌化学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2021 - 2024 元素組換え雲母を利用した放射性セシウム土壌-植物間移行制御機構の解明
  • 2018 - 2022 土壌生成速度測定法の確立による土壌生産力持続性評価手法の開発
  • 2019 - 2022 福島県の農耕地集水域における農地除染後の放射性セシウムの挙動に関する研究
  • 2018 - 2021 原発事故からの復興のための放射性物質対策に関する実証研究(福島県・農業分野)
  • 2016 - 2019 持続システム構築のための日本各地における果樹園土壌微生物群集及び化学特性の評価
全件表示
論文 (47件):
  • Atsushi Nakao, Fukiko Masai, Nicola Timbas, Simplicio Medina, Susumu Shin Abe, Sota Tanaka, Junta Yanai. Changes in lowland paddy soil fertility in the Philippines after 50 years of the Green Revolution. Soil Science and Plant Nutrition. 2021. 1-14
  • Atsushi Nakao, Shiori Uno, Junta Yanai, Hideo Kubotera, Ryoji Tanaka, Robert A. Root, Takashi Kosaki. Distance-dependence from volcano for Asian dust inclusions in Andosols: A key to control soil ability to retain radiocesium. Geoderma. 2021. 385. 114889-114889
  • 中尾淳, 高橋嘉夫. 福島第一原発事故に伴う放射性核種の長期環境動態と将来予測 化学から見た放射性核種の環境動態と長期予測-土壌吸着による放射性セシウムの不動化はどのように評価すればよいか?-. 2020. 69. 2. 79-91
  • Tanaka, S., Saito, H., Kajiwara, N., Paing, T.N., Mohd Yusoff, K.H., Abe, S.S., Nakao, A., Yanai, J. Long-term changes in paddy soil fertility in Peninsular Malaysia during 50 years after the Green Revolution with special reference to their physiographic environments. Soil Science and Plant Nutrition. 2020
  • 中尾淳, Olivier Evrard. 福島復興に向けた除染のあゆみ. 日本原子力学会誌ATOMOΣ. 2020. 62. 12. 712-716
もっと見る
MISC (122件):
書籍 (5件):
  • 土壌学概論
    朝倉書店 2020 ISBN:9784254431278
  • 土壌サイエンス入門
    文永堂出版 2018 ISBN:9784830041358
  • リンの事典
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254141047
  • 土のひみつ : 食料・環境・生命
    朝倉書店 2015 ISBN:9784254400236
  • 放射能除染の土壌科学 : 森・田・畑から家庭菜園まで
    日本学術協力財団 2013
講演・口頭発表等 (14件):
  • Nonexchangeable potassium content of agricultural soils by the boiling HNO3 extraction method and its controlling factors: Implications to potassium fertility evaluation.
    (13th International Conference of the East and Southeast Asia Federation of Soil Science (ESAFS) 2017)
  • Fertility Reevaluation of paddy soils in tropical Asia after 50 years of the Green Revolution (FREPS 50) -A case study in Thailand-.
    (13th International Conference of the East and Southeast Asia Federation of Soil Science (ESAFS) 2017)
  • Interactive effect of parent material and topography on the spatial variability of soil material characteristics of paddy soils in the alluvial plain.
    (13th International Conference of the East and Southeast Asia Federation of Soil Science (ESAFS) 2017)
  • Mobility of 137Cs and stable Cs in soil-plant systems in contaminated soils in Fukushima, Japan.
    (14th International Conference on the Biogeochemistry of Trace Elements (ICOBTE2017) 2017)
  • Total and available molybdenum contents of agricultural soils and their determining factors: A national-scale survey in Japan.
    (14th International Conference on the Biogeochemistry of Trace Elements (ICOBTE2017) 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2008 京都大学 地域環境科学専攻
  • 2002 - 2004 京都大学 地域環境科学専攻
  • 1998 - 2002 京都大学 生産環境科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2016/10 - 現在 京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 准教授
  • 2020/02 - 2021/01 国立台湾大学 農芸化学科 客員准教授
  • 2017/04 - 2018/03 University of Arizona Department of Soil, Water, Environment Guest Researcher
  • 2011/11 - 2016/09 京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 助教
  • 2009/11 - 2011/10 公益財団法人 環境科学技術研究所 環境動態研究部 任期付研究員
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2020/10 - 現在 Soil Science and Plant Nutrition 編集委員(土壌化学部門)
  • 2020/04 - 現在 日本ペドロジー学会 代議員
  • 2018/09 - 現在 日本粘土学会 広報委員
  • 2017/10 - 現在 日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学会副部門長(第2部門)
  • 2017/04 - 現在 日本土壌肥料学会 代議員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2018/05 - 日本土壌肥料学会 SSPN Award
  • 2016/11 - 日本農学会 日本農学進歩賞
  • 2015/04 - 日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学会奨励賞
  • 2013/04 - 日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学雑誌論文賞
所属学会 (5件):
日本ペドロジー学会 ,  森林立地学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本粘土学会 ,  日本土壌肥料学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る