研究者
J-GLOBAL ID:201801008770461609   更新日: 2021年04月24日

康 秀男

コウ ヒデオ | Koh Hideo
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 血液疾患コホートを利用した治療標的分子探索および数理モデリングによる病態解析
  • 2018 - 2020 同種移植後患者コホートを利用した予後予測指標および治療標的となる新規分子同定
  • 2018 - 2018年医学系研究助成がん領域(臨床)
  • 2014 - 2016 アルブミンの劣化 に主眼をおいたアルツハイマー病発症前診断及びその治療応用に関する研究
  • 2012 - 2016 難治性白血病に対する同種造血幹細胞移植後の再発と感染症発症抑制に関する研究
論文 (145件):
  • Nanno S, Koh H, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Ohsawa M, Hino M, Nakamae H. Acute fibrinous and organizing pneumonia following hemophagocytic syndrome in two adult patients with hematological malignancies. Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH. 2021
  • Hamada T, Oyama H, Nakai Y, Tada M, Koh H, Tateishi K, Arita J, Hakuta R, Ijichi H, Ishigaki K, et al. ABO Blood Group and Risk of Pancreatic Carcinogenesis in Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms. Cancer epidemiology, biomarkers & prevention : a publication of the American Association for Cancer Research, cosponsored by the American Society of Preventive Oncology. 2021
  • Takakuwa Teruhito, Sakai Ryota, Koh Shiro, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa. High-grade B-cell lymphoma developed during the treatment of chronic myeloid leukemia with bosutinib. CLINICAL CASE REPORTS. 2021. 9. 3. 1344-1349
  • Harada Naonori, Okamura Hiroshi, Nakane Takahiko, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakashima Yasuhiro, Koh Hideo, et al. Pretransplant plasma brain natriuretic peptide and N-terminal probrain natriuretic peptide are more useful prognostic markers of overall survival after allogeneic hematopoietic cell transplantation than echocardiography. BONE MARROW TRANSPLANTATION. 2021
  • Tanizawa N, Koh H, Okamura H, Yamamoto K, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Koh S, Nanno S, Nishimoto M, et al. Risk factor and long-term outcome analyses for acute limbic encephalitis and calcineurin inhibitor-induced encephalopathy in adults following allogeneic hematopoietic cell transplantation. Transplant Cell Ther, in press. 2021
もっと見る
MISC (6件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • VII. 支持療法・輸血 4. ムーコル感染症の診断と治療
    中外医学社・EBM血液疾患の治療 2021-2022 2021
  • 同種造血幹細胞移植ポケットマニュアル (第3版改訂)
    大阪市立大学医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科 2019
  • 抗真菌薬の予防投与の意義
    中外医学社・EBM血液疾患の治療2017-2018 2016
  • 同種造血幹細胞移植ポケットマニュアル (第2版改訂)
    大阪市立大学医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科 2014
講演・口頭発表等 (93件):
  • 同種造血細胞移植後早期の補体Ba上昇は移植関連血栓性微小血管症の発症予測マーカーになり得る
    (移植 2020)
  • メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患による両側副腎病変の1例
    (日本内分泌学会雑誌 2020)
  • 非寛解期急性骨髄性白血病において同種造血細胞移植前末梢血WT1 mRNAレベルに比例して移植後の死亡リスクが増加する
    (大阪市医学会雑誌 2019)
  • 機械学習とR/shinyを用いた患者個別の予測生存曲線描出アプリケーションの開発
    (医療情報学連合大会論文集 2019)
  • 巨脾で発症したアグレッシブNK細胞白血病の1例
    (臨床血液 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2011 大阪市立大学
  • - 2002 大阪市立大学
学位 (2件):
  • 医学博士 (大阪市立大学)
  • Ph.D. (Osaka City University)
経歴 (2件):
  • 2011/10/01 - 現在 大阪市立大学 医学研究科 臨床医科学専攻 講師
  • 2011 - 大阪市立大学大学院 医学研究科 血液腫瘍制御学 講師
委員歴 (3件):
  • 2021/03 - 現在 日本臨床腫瘍学会・発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン・改訂第3版WG 作成グループ委員
  • 2020/07 - 現在 日本造血免疫細胞療法学会・真菌感染症の予防と治療(第2版)部会 ガイドライン改定メンバー
  • 2016/02 - 2017/08 日本臨床腫瘍学会・発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン改訂版作成WG 作成グループ委員
所属学会 (4件):
日本造血細胞移植学会 ,  日本血液学会 ,  日本疫学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る