研究者
J-GLOBAL ID:201801008965700101   更新日: 2024年06月04日

中潟 崇

Nakagata Takashi
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 栄養学、健康科学
研究キーワード (4件): 身体活動 ,  トレーニング ,  エネルギー代謝 ,  運動生理学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2024 Integrating smart-shoes in a multi-sensing network of activity trackers for an accurate assessment of physical behaviors and daily energy expenditure.
  • 2021 - 2024 身体活動・運動の強度、種類・種目、実施頻度が腸内細菌叢に与える影響
論文 (52件):
  • Takashi Nakagata, Rei Ono. Data resource profile: Exercise habits, step counts, and sedentary behavior from the National Health and Nutrition Survey in Japan. Data in Brief. 2024. 53. 110103-110103
  • 中潟 崇, 笹井 浩行, 岡田 知佳, 瀧本 秀美, 宮地 元彦, 小野 玲. 国民健康・栄養調査(旧国民栄養調査)の運動習慣, 歩数および体格・体力に関する調査項目, 方法および変遷. 運動疫学研究(早期公開). 2024
  • Eiichi Yoshimura, Yuka Hamada, Yoichi Hatamoto, Takashi Nakagata, Hinako Nanri, Yui Nakayama, Takanori Hayashi, Ippei Suzuki, Takafumi Ando, Kazuko Ishikawa-Takata, et al. Effects of energy loads on energy and nutrient absorption rates and gut microbiome in humans: A randomized crossover trial. Obesity. 2024. 32. 2. 262-272
  • Chiharu Iwasaka, Hinako Nanri, Takashi Nakagata, Harumi Ohno, Kumpei Tanisawa, Kana Konishi, Haruka Murakami, Koji Hosomi, Jonguk Park, Yosuke Yamada, et al. Association of skeletal muscle function, quantity, and quality with gut microbiota in Japanese adults: A cross-sectional study. Geriatr Gerontol Int. 2024. 24. 1. 53-60
  • Chiharu Iwasaka, Yuka Ninomiya, Takashi Nakagata, Hinako Nanri, Daiki Watanabe, Harumi Ohno, Kumpei Tanisawa, Kana Konishi, Haruka Murakami, Yuta Tsunematsu, et al. Association between physical activity and the prevalence of tumorigenic bacteria in the gut microbiota of Japanese adults: a cross-sectional study. Scientific Reports. 2023. 13. 1. 20841-20841
もっと見る
MISC (54件):
  • 濱田 有香, 畑本 陽一, 畠中 真奈, 南里 妃名子, 中潟 崇, 松本直幸, 下田誠也, 田中 茂穂, 宮地 元彦, 吉村 英一. 自由生活下における間食摂取が血糖指標に与える影響. 第10回時間栄養学会学術大会、広島. 2023
  • Tripette, J, Orihara, A, Aubert-Kato, n, Nakagata, T, Ohta, Y. Recognizing kickboard and skateboarding behaviors using wearable activity tracker devices. The 28th Annual Congress of the European College of Sport Science(ヨーロッパスポーツ科学学会), France. 2023
  • 中潟崇, 笹井浩行, 南里妃名子, 小野玲. 日本と主要諸外国の国を代表するサーベイランス調査における身体活動・座位行動調査法の比較. 第25回日本運動疫学会学術総会、愛知. 2023
  • 吉村 英一, 濱田 有香, 畑本 陽一, 中潟 崇, 南里 妃名子, 中山 侑泉, 鈴木 一平, 林 高則, 安藤 貴史, 高田 和子, et al. エネルギー摂取量の増減は糞便からの栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)の排泄量に影響する. 第77回日本栄養・食糧学会大会、北海道. 2023. 77回. 266-266
  • 濱田有香, 吉村英一, 畑本陽一, 中潟崇, 南里妃名子, 中山侑泉, 林高則, 細見晃司, 國澤純, 宮地元彦. 異なるエネルギー量の食事が呼吸商に及ぼす影響. 第43回日本肥満学会学術集会、沖縄. 2022
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科
  • 2008 - 2010 福岡大学大学院 スポーツ健康科学研究科 スポーツ健康科学専攻
  • 2004 - 2008 福岡大学 スポーツ科学部 健康運動科学科
学位 (1件):
  • 博士(スポーツ健康科学) (順天堂大学)
経歴 (8件):
  • 2020/02 - 現在 順天堂大学大学院スポートロジーセンター 協力研究員
  • 2020/01 - 現在 医薬基盤・健康・栄養研究所 身体活動研究部 行動生理研究室 研究員
  • 2013/04 - 2020/03 中央大学 理工学部 非常勤講師(体育実技)
  • 2018/04 - 2019/12 医薬基盤・健康・栄養研究所 健康長寿研究室 技術補助員
  • 2017/04 - 2019/12 順天堂大学大学院医学研究科 スポートロジーセンター 博士研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2020/10 - 現在 日本運動疫学会 総務委員会
受賞 (6件):
  • 2022/09 - 日本科学協会 2022年度海外発表促進助成
  • 2019/10 - 株式会社タニタ 2019年度 公益信託 タニタ健康体重基金 採択
  • 2017/11 - 石本記念デサントスポーツ科学振興財団 2018年度研究助成交付金 BMRTスロー法による健康増進への取り組み
  • 2017/03 - 日本科学協会 2017年度海外発表促進助成
  • 2015/03 - 第22回日本健康体力栄養学会, 千葉 優秀賞受賞 日本人勤労者を対象としたロコモティブシンドロームの実態調査
全件表示
所属学会 (4件):
日本公衆衛生学会 ,  日本健康支援学会 ,  日本運動疫学会 ,  日本体力医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る