研究者
J-GLOBAL ID:201801009170834963   更新日: 2022年04月06日

入江 隆夫

イリエ タカオ | Irie Takao
研究分野 (1件): 寄生虫学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2025 寄生虫由来の宿主コミュニケーション因子 血中循環核酸の網羅的同定と診断利用
  • 2018 - 2021 住肉胞子虫による国産ジビエの食中毒リスク評価に関する研究
  • 2017 - 2020 エキノコックス中間ならびに終宿主に対する二方面からの感染圧抑制による疾病制御
  • 2014 - 2017 中国青海省におけるエキノコックス症疫学調査と人と家畜の駆虫薬開発
  • 2016 - 糞便内のエキノコックス特異的DNA検出による犬の診断系の確立
全件表示
論文 (44件):
  • Izumi Kida, Hirokazu Kouguchi, Takao Irie, Kinpei Yagi, Ryo Nakao, Nariaki Nonaka. Sensitivity comparison between Mini-FLOTAC and conventional techniques for the detection of Echinococcus multilocularis eggs. Parasitology international. 2022. 87. 102522-102522
  • Mari Ishida, Chiho Kaneko, Takao Irie, Yoshino Maruyama, Asami Tokuda, Ayako Yoshida. Sporadic endemicity of zoonotic Paragonimus in raccoon dogs and Japanese badgers from Miyazaki Prefecture, Japan. The Journal of veterinary medical science. 2022
  • Daisuke Kondoh, Teppei Nakamura, Erika Tsuji, Marina Hosotani, Osamu Ichii, Takao Irie, Takashi Mishima, Ken-Ichi Nagasaki, Yasuhiro Kon. Cotton rats (Sigmodon hispidus) with a high prevalence of hydrocephalus without clinical symptoms. Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology. 2022. 42. 1. 16-27
  • Shigehiro Enkai, Hirokazu Kouguchi, Daniel Ken Inaoka, Takao Irie, Kinpei Yagi, Kiyoshi Kita. In vivo efficacy of combination therapy with albendazole and atovaquone against primary hydatid cysts in mice. European journal of clinical microbiology & infectious diseases : official publication of the European Society of Clinical Microbiology. 2021. 40. 9. 1815-1820
  • Teppei Nakamura, Kanako Sumi, Erika Tsuji, Marina Hosotani, Takashi Namba, Osamu Ichii, Takao Irie, Ken-Ichi Nagasaki, Yasuhiro Kon, Takashi Mishima, et al. Novel polychrome staining distinguishing osteochondral tissue and bone cells in decalcified paraffin sections. Cell and tissue research. 2021. 385. 3. 727-737
もっと見る
MISC (6件):
講演・口頭発表等 (90件):
  • 動物園における消化管内寄生虫の感染状況及び寄生虫コントロール状況調査
    (第73回日本寄生虫学会南日本支部大会・第70回日本衛生動物学会南日本支部大会 合同大会 2021)
  • Genetic diversity of Echinococcus multilocularis in Hokkaido, Japan based on mitogenome sequences.
    (The 9th Sapporo Summer Symposium for One Health.)
  • 北海道に分布する多包条虫Echinococcus multilocularisのミトゲノムにおける遺伝的多様性
    (第164回 日本獣医学会学術集会 2021)
  • 野生イノシシにおける肝蛭の感染状況調査
    (第164回 日本獣医学会学術集会 2021)
  • 日本国内の飼育爬虫類における舌虫症とイベルメクチン治療の有効性
    (第164回 日本獣医学会学術集会 2021)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (山口大学大学院連合獣医学研究科)
委員歴 (2件):
  • 2022/04 - 現在 牛臨床寄生虫研究会 理事
  • 2020/09 - 現在 日本獣医寄生虫学会 評議員
所属学会 (5件):
牛臨床寄生虫研究会 ,  日本獣医師会 ,  日本獣医学会 ,  日本獣医寄生虫学会 ,  日本寄生虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る