研究者
J-GLOBAL ID:201801009279443751   更新日: 2021年08月24日

横田 勲

Yokota Isao
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://biostat-hokudai.jp
研究分野 (3件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  医療管理学、医療系社会学 ,  統計科学
研究キーワード (4件): 臨床研究 ,  疫学 ,  臨床試験 ,  生物統計学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2021 - 2025 多変量生存時間アウトカムに対する予測モデル構築と性能評価法の開発
  • 2020 - 2024 左室駆出率が保持された心不全に対する個別化医療を目指した多分野融合研究
  • 2020 - 2024 SCRUM-Japanの基盤を活用した血液循環腫瘍DNAゲノムスクリーニングに基づくBRCA変異を有する胆道がんに対する医師主導治験
  • 2020 - 2023 小児胎児性固形がんに対する標準的治療法開発
  • 2020 - 2023 小児およびAYA世代の横紋筋肉腫患者に対するリスク層別化臨床試験実施による標準的治療法の開発
全件表示
論文 (127件):
  • Yo Nakamura, Osamu Hieda, Isao Yokota, Satoshi Teramukai, Chie Sotozono, Shigeru Kinoshita. Comparison of myopia progression between children wearing three types of orthokeratology lenses and children wearing single-vision spectacles. Japanese journal of ophthalmology. 2021. 65. 5. 632-643
  • Isao Yokota, Peter Y Shane, Kazufumi Okada, Yoko Unoki, Yichi Yang, Sumio Iwasaki, Shinichi Fujisawa, Mutsumi Nishida, Takanori Teshima. A novel strategy for SARS-CoV-2 mass screening with quantitative antigen testing of saliva: a diagnostic accuracy study. The Lancet Microbe. 2021. 2. 8. e397-e404
  • Isao Yokota, Peter Y Shane, Kazufumi Okada, Yoko Unoki, Yichi Yang, Tasuku Inao, Kentaro Sakamaki, Sumio Iwasaki, Kasumi Hayasaka, Junichi Sugita, et al. Mass screening of asymptomatic persons for SARS-CoV-2 using saliva. Clinical infectious diseases. 2021. 73. 3. e559-e565
  • Katsuhiro Aikawa, Isao Yokota, Yosuke Maeda, Yuji Morimoto. Evaluation of sensory loss obtained by modified-thoracoabdominal nerves block through perichondrial approach in patients undergoing gynecological laparoscopic surgery: a prospective observational study. Regional anesthesia and pain medicine. 2021
  • Takahiro Yamada, Seishin Takao, Hidenori Koyano, Hideaki Nihongi, Yusuke Fujii, Shusuke Hirayama, Naoki Miyamoto, Taeko Matsuura, Kikuo Umegaki, Norio Katoh, et al. Validation of dose distribution for liver tumors treated with real-time-image gated spot-scanning proton therapy by log data based dose reconstruction. Journal of radiation research. 2021. 62. 4. 626-633
もっと見る
MISC (32件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 分子標的薬を用いた医師主導治験におけるバスケット試験デザインの利用
    (第12回日本臨床試験学会学術集会 2021)
  • 陽性の頻度が稀な診断結果データに対するgold standardな検査法がない場合の感度・特異度推定
    (日本分類学会第39回大会 2020)
  • Regression model for personalized chance of longer survival using pseudo-observations.
    (41st Annual Conference of the International Society of Clinical Biostatistics 2020)
  • Using restricted mean survival time in a non-inferiority trial.
    (The VIth International Society for Biopharmaceutical Statistics 2019)
  • 生存時間型アウトカムに対する単群試験のデザイン
    (第60回日本小児血液・がん学会学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2012 - 2015 東京大学大学院 健康科学・看護学専攻 博士後期課程
  • 2010 - 2012 東京大学大学院 公共健康医学専攻 専門職修士課程
  • 2006 - 2010 東京大学 健康科学・看護学科
学位 (2件):
  • 博士(保健学) (東京大学)
  • 公衆衛生学修士(専門職) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2018/12 - 現在 京都府立医科大学 生物統計学 客員講師
  • 2018/10 - 現在 北海道大学 大学院医学研究院 医学統計学 准教授
  • 2018/08 - 2018/09 京都府立医科大学 大学院医学研究科 生物統計学 講師(学内)
  • 2015/04 - 2018/07 京都府立医科大学 大学院医学研究科 生物統計学 助教
委員歴 (6件):
  • 2020/10 - 現在 日本計量生物学会 評議員
  • 2019/04 - 現在 日本臨床腫瘍研究グループ プロトコール審査委員
  • 2018/06 - 現在 International Biometric Society Social Media Liaison
  • 2016/10 - 現在 日本計量生物学会 企画委員
  • 2015/06 - 現在 日本小児がん研究グループ 生物統計委員
全件表示
所属学会 (5件):
日本計算機統計学会 ,  日本分類学会 ,  ENAR ,  International Society of Clinical Biostatistics ,  日本計量生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る