研究者
J-GLOBAL ID:201801009290764330   更新日: 2021年05月12日

金井 雄

カナイ ユウ | Kanai Yu
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2021 - 2025 超早産児における脂肪酸分画に注目した栄養評価と予後改善の治療戦略の検討
論文 (14件):
  • Maiko Hatano, Hiroko Fukushima, Tatsuyuki Ohto, Yuichi Ueno, Saki Saeki, Takashi Enokizono, Ryuta Tanaka, Mai Tanaka, Kazuo Imagawa, Yu Kanai, et al. Variants in KIF2A cause broad clinical presentation; the computational structural analysis of a novel variant in a patient with a cortical dysplasia, complex, with other brain malformations 3. American journal of medical genetics. Part A. 2021
  • 出口 拓磨, 日高 大介, 宮園 弥生, 永藤 元道, 竹内 秀輔, 金井 雄, 佐伯 紗希, 榎園 崇, 高田 英俊. 周術期の遷延した低アルブミン血症が誘因となった超早産児の慢性ビリルビン脳症. 日本小児科学会雑誌. 2020. 124. 11. 1602-1608
  • Yayoi Miyazono, Junichi Arai, Yu Kanai, Daisuke Hitaka, Daigo Kajikawa, Shusuke Takeuchi, Motomichi Nagafuji, Satoshi Fujiyama, Makoto Saito, Hidetoshi Takada. Nationwide survey of late-onset hemolysis in very low birthweight infants. Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society. 2020
  • Yuki Okada, Daisuke Hitaka, Takahiro Kido, Yu Kanai, Kumi Konishi, Kosuke Doki, Nobuko Katayama, Masato Homma, Yayoi Miyazono, Hidetoshi Takada. A Follow-Up Report of an Infant Born to a Mother Receiving Tamoxifen. Case reports in pediatrics. 2020. 2020. 2056756-2056756
  • 矢板克之, 永藤元道, 花木麻衣, 中村由里, 竹内秀輔, 金井雄, 日高大介, 藤山聡, 宮園弥生, 宮園弥生, et al. 筑波大学附属病院新生児集中治療室における10年間の極低出生体重児の死亡症例の検討. 茨城県立病院医学雑誌. 2020. 37. 1. 1-8
もっと見る
MISC (1件):
講演・口頭発表等 (34件):
  • 当院における在胎28週未満の超低出生体重児の発達予後及び就学状況
    (日本新生児成育医学会雑誌 2019)
  • 先天性溶血性疾患の検索を行った晩期溶血性黄疸の3例
    (日本新生児成育医学会雑誌 2019)
  • 重度な無呼吸発作を合併したATR-X症候群の1例
    (脳と発達 2019)
  • 極低出生体重児における出生時KL6の意義
    (日本周産期・新生児医学会雑誌 2019)
  • 当院で精神疾患母体から出生した児の検討
    (日本周産期・新生児医学会雑誌 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (筑波大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る