研究者
J-GLOBAL ID:201801009290764330   更新日: 2024年01月17日

金井 雄

カナイ ユウ | Kanai Yu
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2021 - 2025 超早産児における脂肪酸分画に注目した栄養評価と予後改善の治療戦略の検討
論文 (22件):
  • 田中 優人, 竹内 秀輔, 岡田 侑樹, 花木 麻衣, 永藤 元道, 中村 由里, 金井, 雄, 日高 大介, 藤山 聡, 宮園 弥生, et al. 当院NICU・GCUにおける便検体を用いた監視培養の意義. 茨城県立病院医学雑誌. 2022. 39. 9-15
  • Kumie Nagatomo, Hiroko Fukushima, Yu Kanai, Hideki Muramatsu, Hidetoshi Takada. A neonate diagnosed with Noonan syndrome with myeloproliferative change. Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society. 2021. 63. 12. 1521-1523
  • Takashi Matsumoto, Hiroko Fukushima, Satoshi Fujiyama, Kumie Nagatomo, Sho Hosaka, Ryoko Suzuki, Yuni Yamaki, Yu Kanai, Hirofumi Shibata, Takahiro Yasumi, et al. A case of fetal-onset type 3 familial hemophagocytic lymphohistiocytosis surviving without severe complications after early diagnosis and treatment. Pediatric blood & cancer. 2021. 68. 7. e29016
  • 花木 麻衣, 宮園 弥生, 永藤 元道, 竹内 秀輔, 梶川 大悟, 日高 大介, 金井 雄, 小畠 真奈, 高田 英俊. 施設外分娩により救急隊に初期対応された病院前出生児40例に関する11年間の検討. 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2021. 57. 1. 43-48
  • 森田 篤志, 宮園 弥生, 永藤 元道, 竹内 秀輔, 梶川 大悟, 日高 大介, 金井 雄, 藤山 聡, 齋藤 誠, 高田 英俊. 在胎36週以上かつ出生体重2,500g以上で明らかな合併症のない新生児黄疸に対する光線療法後のリバウンドに関する検討. 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2021. 57. 1. 73-78
もっと見る
MISC (18件):
  • 金井 雄, 岡田 侑樹, 花木 麻衣, 中村 由里, 永藤 元道, 竹内 秀輔, 日高 大介, 藤山 聡, 宮園 弥生, 高田 英俊. 臍帯血脂肪酸分画と周産期因子の関連についての検討. 日本小児科学会雑誌. 2022. 126. 2. 249-249
  • 酒井 愛子, 今川 和生, 鈴木 寿人, 原 モナミ, 影山 あさ子, 田中 磨衣, 金井 雄, 福島 紘子, 山田 茉未子, 武内 俊樹, et al. 若年性特発性関節炎と鑑別が重要であるCACP症候群の一例. 日本小児科学会雑誌. 2022. 126. 2. 285-285
  • 竹内 秀輔, 藤山 聡, 永藤 元道, 岡田 侑樹, 花木 麻衣, 中村 由里, 金井 雄, 日高 大介, 眞弓 みゆき, 小畠 真奈, et al. 免疫疾患の予後因子 有核赤血球による自然免疫制御機序の解明. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2021. 49回. 85-85
  • 永藤 元道, 藤山 聡, 竹内 秀輔, 七五三 美智留, 岡田 侑樹, 花木 麻衣, 中村 由里, 日高 大介, 金井 雄, 宮園 弥生, et al. 当院における早産児の食物蛋白誘発胃腸症の検討. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2021. 49回. 113-113
  • 中村 由里, 日高 大介, 佐伯 紗希, 永藤 元道, 竹内 秀輔, 金井 雄, 藤山 聡, 宮園 弥生, 高田 英俊. 新生児期の銅補充療法開始により神経障害を軽減できたと考えられたメンケス病の一例. 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2021. 57. Suppl. P292-P292
もっと見る
書籍 (1件):
  • 軽症妊娠糖尿病母体における臍帯血IGF-1、IGFBP、adiponectinと胎児発育に関する研究
    2016
講演・口頭発表等 (51件):
  • 先天的な疾患を有する新生児に対する検査・診断法の実際
    (第129回茨城小児科学会)
  • 若年性特発性関節炎と鑑別が重要であるCACP症候群の一例
    (日本小児科学会学術集会 2022)
  • 臍帯血脂肪酸分画と周産期因子の関連についての検討
    (第125回日本小児科学会学術集会 2022)
  • 有核赤血球による自然免疫制御機序の解明
    (第49回日本臨床免疫学会総会)
  • 当院における早産児の食物蛋白誘発胃腸症の検討
    (日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2021)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る