研究者
J-GLOBAL ID:201801009455151142   更新日: 2020年08月25日

新田 千枝

ニッタ チエ | NITTA CHIE
所属機関・部署:
職名: 非常勤研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (4件): 栄養学、健康科学 ,  社会福祉学 ,  基盤脳科学 ,  臨床心理学
研究キーワード (9件): アルコール依存症 ,  認知機能 ,  発達障害 ,  臨床心理学 ,  認知リハビリテーション ,  集団精神療法 ,  認知機能障害 ,  ソーシャルワーク ,  高齢者のアディクション
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2020 高齢アルコール依存症に対する認知リハビリテーションプログラムの開発
  • 2017 - 2018 認知機能低下を伴う高齢アルコール依存症への認知リハビリテーション介入効果の検証
論文 (3件):
  • 新田 千枝, 穴水 幸子, 森田 展彰, 松下 幸生, 木村 充, 中村 泰久, 菅原 田鶴子, 飯塚 由樹, 伊藤 翼, 楊 楽, 菊地 創, 三村 將. 高齢アルコール依存症の遂行機能障害に対するTinker Toyを用いた訓練の紹介. 高次脳機能研究. 2019. 39. 1. 57-57
  • 新田千枝, 森田展彰, 大谷保和, 斎藤環. 認知機能低下を伴う高齢アルコール依存症の治療状況と課題 -全国専門医療機関へのアンケート調査から-. 日本アルコール・薬物医学会雑誌. 2018. 53. 5. 182-200
  • 岩佐和典, 李貞美, 今野仁博, 大久保智紗, 田中(新田)千枝, 松尾陽, 渡邊千聡. 不登校概念の歴史的変遷と不登校の分類法について. 筑波大学臨床心理学論集. 2009. 24
MISC (9件):
  • 新田千枝, 森田展彰, 松下幸生, 穴水幸子, 木村充, 大谷保和, 斎藤環, 菊地創, 菅原田鶴子, 飯塚由樹, 伊藤翼, 楊楽, 中村泰久, 三村將. 高齢アルコール依存症に対する認知機能改善プログラムの開発~ランダム化比較対照試験による有効性の検証~. 日本アルコール・薬物 医学会雑誌. 2019. 54. 4. 163
  • 井ノ口恵子, 新田千枝, 森田展彰. 刑の一部執行猶予制度下における薬物依存症者の地域支援-更生保護施設を中心とした意見交換会-その2. 日本アルコール・薬物 医学会雑誌. 2019. 54. 4. 218
  • 新田千枝, 井ノ口恵子, 森田展彰. 刑の一部執行猶予制度下における薬物依存症者の地域支援-更生保護施設を中心とした意見交換会-その1-. 日本アルコール・薬物 医学会雑誌. 2019. 54. 4. 217
  • 新田 千枝, 穴水 幸子, 森田 展彰, 松下 幸生, 木村 充, 中村 泰久, 菅原 田鶴子, 飯塚 由樹, 伊藤 翼, 楊 楽, 菊地 創, 三村 將. 高齢アルコール依存症の遂行機能障害に対するTinker Toyを用いた訓練の紹介. 高次脳機能研究. 2019. 39. 1. 57-57
  • 新田千枝, 新田千枝, 穴水幸子, 森田展彰, 松下幸生, 木村充, 中村康久, 菅原田鶴子, 飯塚由樹, 伊藤翼, 楊楽, 菊地創, 三村將. 高齢アルコール依存症の遂行機能障害に対するTinker Toyを用いた訓練の紹介. 日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録. 2018. 42nd. 137
もっと見る
書籍 (2件):
  • 「更生保護施設における薬物事犯への支援に関する研究」平成30年度 厚生労働科学研究費補助金(障害者政策総合研究事業)「刑の一部執行猶予制度下における薬物依存者の地域支援に関する政策研究」分担研究報告書
    2019
  • こころの科学 メンタル系サバイバルシリーズ ケアとしての就労支援
    日本評論社 2018 ISBN:9784535904477
講演・口頭発表等 (5件):
  • Relationships between Childhood Parental Mental illness including addiction and Mental Health Problems in Adulthood
    (APSAAR(Asia-Pacific Society for Alcohol and Addicition Research)2019 2019)
  • 中高年期の多量飲酒を考える ~認知機能低下を伴う高齢アルコール依存症とリハビリテーション~
    (アルコール関連予防研究会 2019)
  • Clarifying Clinical Characteristics and Developing a Cognitive Rehabilitation Program for Older Patients with Alcohol Use Disorder in Japan
    (第6回釜山久里浜ワークショップ 2019)
  • 高齢アルコール依存症の遂行機能障害に対するTinker Toyを用いた訓練の紹介
    (第42回日本高次脳機能障害学会学術総会 2018)
  • Preliminary results of a randomized controlled trial on a cognitive rehabilitation program for elderly patients with alcohol dependence in Japan
    (The20th International Society of Addiction Medicine Annual Meeting 2018)
学歴 (2件):
  • 2016 - 2019 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻 社会精神保健学分野, 博士(ヒューマン・ケア科学)
  • 2005 - 2007 筑波大学大学院 人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻 臨床心理学領域, 修士(心理学)
学位 (1件):
  • 博士(ヒューマン・ケア科学) (筑波大学)
経歴 (7件):
  • 2020/05 - 現在 筑波大学 非常勤研究員
  • 2020/04 - 現在 独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター 研究員(非常勤)
  • 2019/05 - 2020/03 独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター 客員研究員
  • 2018/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員
  • 2014 - 2016 厚生労働省 臨床心理技術者
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2014 - 2014 鎌ヶ谷市自立支援協議会 発達支援部会 部会長
受賞 (2件):
  • 2020/03 - 筑波大学 ヒューマン・ケア科学専攻長賞
  • 2019/08 - 日本アルコール・アディクション医学会 JMSAAS-supportedシンポジウム参加奨励賞 APSAAR2019(マレーシア,2019年11月)
所属学会 (5件):
日本老年精神医学会 ,  日本社会精神医学会 ,  日本高次脳機能障害学会 ,  日本アルコール・アディクション医学会 ,  日本心理臨床学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る