研究者
J-GLOBAL ID:201801009476673564   更新日: 2021年04月12日

内川 義和

ウチカワ ヨシカズ | UCHIKAWA YOSHIKAZU
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://otawara.iuhw.ac.jp/gakubu/sikinou/index.html
研究分野 (3件): 薬理学 ,  生理学 ,  眼科学
研究キーワード (5件): 姿勢制御 ,  眼球運動 ,  外眼筋 ,  視能矯正 ,  平滑筋
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2024 高齢者の転倒リスクに関与する立位保持、重心移動と視覚機能との関連についての検討
  • 2020 - 2023 読み発達への影響を考慮した屈折矯正の必要性:屈折異常が読み発達に及ぼす影響の検討
  • 2015 - 2020 多職種連携による発達障害児の視機能及び眼球運動評価法の確立と普及
  • 2015 - 2018 読み書き困難児に対する教育的視機能評価法の確立~読書課題遂行時の視線移動特性
  • 2002 - 2003 老人性縮瞳改善によるQOLの向上
論文 (30件):
もっと見る
MISC (4件):
書籍 (7件):
  • 障害のある子どもの保育・教育 : 心に寄り添う援助をめざして
    建帛社 2020 ISBN:9784767951133
  • 視能矯正学用語解説辞典
    2010
  • 視能訓練士スペシャリストへの道(5)
    2007
  • 視能訓練士スペシャリストへの道(4)
    2006
  • 視能訓練士スペシャリストへの道(3)
    2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 視能訓練士教育におけるIPE学習効果の順次性とレディネスに影響するコンピテンシー
    (日本リハビリテーション連携科学学会第22回大会 2021)
  • 近方視における姿勢制御と自律神経との関連 -調節負荷による眼副交感神経の賦活化が姿勢制御に及ぼす影響-
    (第73回日本自律神経学会総会 2020)
  • Sighting ocular dominanceが 静的立位時の姿勢動揺に及ぼす影響度合いについて
    (第10回国際医療福祉大学学会 2020)
  • 成人での遠視性不同視シミュレーションが近業活動に及ぼす影響
    (第61回日本視能矯正学会 2020)
  • 静的立位時における水平眼球運動負荷時の重心動揺スペクトル解析
    (第61回日本視能矯正学会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2007 九州保健福祉大学大学院 保健科学専攻 博士課程
  • 1998 - 2000 川崎医療福祉大学大学院 感覚矯正学専攻 修士課程
  • 1994 - 1998 川崎医療福祉大学 感覚矯正学科(視能矯正専攻)
学位 (1件):
  • 博士(保健科学)
経歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 国際医療福祉大学 大学院 医療福祉学研究科 教授
  • 2020/04 - 現在 国際医療福祉大学 保健医療学部 視機能療法学科 教授
  • 2017/07 - 現在 国立大学法人佐賀大学 教育学部 非常勤講師
  • 2018/04 - 2020/03 国際医療福祉大学 大学院 医療福祉学研究科 准教授
  • 2018/04 - 2020/03 国際医療福祉大学 保健医療学部 視機能療法学科 准教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 全国視能訓練士学校協会 常務理事
  • 2010/04 - 2012/03 公益社団法人日本視能訓練士協会 理事
  • 2004/04 - 2010/03 社団法人日本視能訓練士協会 理事
所属学会 (4件):
日本自律神経学会 ,  日本リハビリテーション連携科学学会 ,  日本保健医療福祉連携教育学会 ,  日本視能訓練士協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る