研究者
J-GLOBAL ID:201801009525663774   更新日: 2020年11月13日

高橋 可昌

タカハシ ヨシマサ | Takahashi Yoshimasa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www2.memm.mec.kansai-u.ac.jp/takahasi/http://www2.memm.mec.kansai-u.ac.jp/takahasi/
研究分野 (1件): 材料力学、機械材料
研究キーワード (5件): 金属疲労 ,  マイクロ・ナノ材料 ,  破壊力学 ,  材料強度学 ,  材料強度学;破壊力学;マイクロ・ナノ材料;金属疲労;クリープ破壊
論文 (125件):
  • Ken-ichi Saitoh, Tomohiro Sato, Masanori Takuma, Yoshimasa Takahashi. Molecular dynamics study of collagen fibrils: relation between mechanical properties and molecular chirality. Journal of Biomaterials and Nanobiotechnology. 2020. 11. 260-278
  • Nobuo Tanaka, Takeshi Fujita, Yoshimasa Takahashi, Jun Yamasaki, Kazuyoshi Murata, Shigeo Arai. Progress in environmental high-voltage transmission electron microscopy for nanomaterials. Philosophical Transactions of the Royal Society A. 2020. 378. 20190602
  • Yoshimasa Takahashi, Daisuke Kobayashi, Masaki Kashihara, Tomoyuki Kozawa, Shigeo Arai. Electron-microscopic analyses on high-temperature fatigue crack growth mechanism in a Ni-based single crystal superalloy. Materials Science and Engineering: A. 2020. 793. 139821-139821
  • Yoshimasa Takahashi, Ryosuke Kuriki, Jun Kurihara, Tomoyuki Kozawa, Takahiro Shikama, Hiroshi Noguchi. Distinct fatigue limit of a 6XXX series aluminum alloy in relation to crack tip strain-aging. Materials Science and Engineering A. 2020. Vol. 785, 2020, 139378
  • Taiki Yamada, Masahiro Ohtsuka, Yoshimasa Takahashi, Haruhiko Yoshino, Shin-ichi Amma, Shunsuke Muto. Measurement of nanoscale local stress distribution in phase-separated glass using scanning transmission electron microscopy-cathodoluminescence. Materialia. 2020. Vol. 9, 2020, 100578
もっと見る
MISC (5件):
  • Yoshimasa Takahashi. Effect of hydrogen on microscopic deformation around an early stage fatigue crack tip. ポスター発表. 2010
  • 高橋可昌. 疲労き裂伝ぱにおよぼす水素の微視的影響. ポスター発表. 2009
  • 高橋 可昌. 水素脆化の微視的メカニズムに関する研究. ポスター発表. 2008
  • Hiroyuki Hirakata, Takayuki Kitamura, Shohei Matsumoto, Yoshimasa Takahashi. Evaluation of interface toughness between submicron island and substrate. Fracture of Nano and Engineering Materials and Structures - Proceedings of the 16th European Conference of Fracture. 2006. 743-744
  • Yoshimasa Takahashi, Hiroyuki Hirakata, Takayuki Kitamura. In situ observation of interfacial fracture in low-dimensional nano structures. EMAP 2005: International Symposium on Electronics Materials and Packaging. 2005. 2005. 55-60
特許 (8件):
  • パワーIC用配線基板
  • Semiconductor device
  • 半導体素子駆動用集積回路及び電力変換装置
  • 半導体装置の駆動方法および装置
  • 多相式交流回転電機
もっと見る
書籍 (6件):
  • Microscopic analyses of deformation structures around fatigue crack tips
    JEOL news 2016
  • 疲労亀裂先端の変形組織解析
    日本電子news 2016
  • 反応科学超高圧電子顕微鏡を用いたガス環境その場観察
    金属(アグネ技術センター) 2016
  • マイクロ構造物の界面強度評価
    関西大学理工学会誌 2012
  • FIBによるその場電顕観察用試料の作製と材料科学への応用-FIBとガラスマニピュレータによるTEM試料作製-
    日本金属学会会報(まてりあ) 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (186件):
  • 接着継ぎ手界面端からの時間依存型剥離き裂発生強度則
    (2020)
  • Si/Cuマイクロ要素界面端からの剥離き裂発生強度-界面端形状・環境の影響-
    (2020)
  • Al-Cu T4合金の高サイクル疲労強度特性に及ぼす温度の影響
    (2019)
  • ひずみ時効能を持つAl-Mg-Si 系合金の微小疲労き裂進展特性
    (2019)
  • Direct observation of fatigue crack tips in a single-crystalline Ni-based superalloy
    (2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2007 - 京都大学 機械物理工学専攻
  • 2007 - 京都大学 機械物理工学専攻
  • 1999 - 京都大学 機械物理工学専攻
  • 1999 - 京都大学 機械物理工学専攻
  • - 1997 京都大学 機械工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学)
委員歴 (6件):
  • 2018/04 - 2020/03 マルチスケール材料力学部門 企画広報担当委員
  • 2017/04 - 2019/03 機械材料・材料加工部門 代議員
  • 2017/10 - 2018/09 材料力学部門 年次大会担当委員会委員長
  • 2015/04 - 2016/03 論文集校閲委員2015年度(第93期)
  • 2014/04 - 2015/03 論文集校閲委員2014年度(第92期)
全件表示
受賞 (4件):
  • 2013/04/19 - (社)日本機械学会 (社)日本機械学会 論文賞
  • 2011/05/25 - (社)日本材料学会 (社)日本材料学会 学術奨励賞
  • 2007/05/19 - (社)日本材料学会 (社)日本材料学会 論文賞
  • 2005/05/27 - (社)日本材料学会 (社)日本材料学会 第54期 優秀公演発表賞
所属学会 (3件):
日本顕微鏡学会 ,  日本材料学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る