研究者
J-GLOBAL ID:201801009577271815   更新日: 2022年04月01日

堀内 ふみ野

Horiuchi Fumino
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 英語学
研究キーワード (4件): 認知言語学 ,  英語学 ,  語用論 ,  相互行為言語学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2022 English Prepositions in Usage Contexts: A Proposal for a Construction-Based Semantics
  • 2019 - 2022 前置詞の習得における対話的相互行為の役割
  • 2015 - 2017 空間語彙の非空間的用法が定着する動機づけに関する実証的研究
論文 (17件):
  • 堀内ふみ野. 親子会話で生起する前置詞句単独発話. 語用論研究. 2021. 22. 74-93
  • Toshihide Nakayama, Fumino Horiuchi. Demystifying the development of a structurally marginal pattern: A case study of the wa-initiated responsive construction in Japanese conversation. Journal of Pragmatics. 2021. 172. 215-224
  • 堀内ふみ野. 子どもの前置詞句単独発話ー談話的文脈と前置詞ごとの相違の観点からー. 『JELS』. 2020. 37. 24-30
  • Idiomatic Expression in a Construction: A Case Study of All Over from the Perspective of its Grammatical Behavior. Fora. 2019. 3. 95-111
  • 堀内 ふみ野. 対話から文法へ ーoverの習得を支える多層的な文脈ー. 日本認知言語学会論文集. 2019. 19. 311-323
もっと見る
MISC (1件):
  • 山下 里香, 鈴木 亮子, 高梨 博子, 岩田 祐子, 堀内 ふみ野. 話しことばの研究と「スタンス」:言語形式 から社会的アイデンティティまで. JELS. 2020. 37. 164-167
書籍 (6件):
  • English Prepositions in Usage Contexts: A Proposal for a Construction-Based Semantics
    Hituzi Linguistics in English 2022
  • 中山俊秀・大谷直輝(編)『認知言語学と談話機能言語学の有機的接点-用法基盤モデルに基づく新展開-』
    ひつじ書房 2020
  • 田中廣明・秦かおり・吉田悦子・山口征孝(編)『動的語用論の構築へ向けて 第2巻』
    開拓社 2020
  • 加藤重広・滝浦真人(編)『日本語語用論フォーラム 3』
    ひつじ書房 2020
  • 小川芳樹・柴崎礼士郎(監訳)『言語はどのように変化するのか』(原著:Joan Bybee, Language Change)
    開拓社 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • ‘Structural incompletion’ as a communicative strategy: What motivates utterances starting in the middle?
    (16th International Conference of the European Association of Japanese Studies 2021)
  • What Kinds of Prepositions Are Acquired Through Resonance?
    (11th International Conference on Construction Grammar (ICCG11) 2021)
  • ただの読点、だけどね:構文構成要素としての読点
    (日本言語学会第162回大会 2021)
  • 子どもの前置詞産出における響鳴率の異なり
    (東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」主催 第6回ワークショップ 2020)
  • 子どもの前置詞句単独発話 -談話的文脈と前置詞ごとの相違の観点から-
    (日本英語学会第37回大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2014 - 2018 慶應義塾大学 博士課程
  • 2007 - 2009 京都大学 修士課程
学位 (2件):
  • 博士(文学) (慶應義塾大学)
  • 修士(人間・環境学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 慶應義塾大学 文学部 非常勤講師
  • 2018/04 - 現在 大東文化大学 経済学部社会経済学科 講師
  • 2017/04 - 現在 共立女子大学 国際学部 非常勤講師
  • 2016/04 - 2018/03 大東文化大学 経済学部社会経済学科 非常勤講師
  • 2015/04 - 2017/03 日本学術振興会 特別研究員DC
委員歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 社会言語科学会 企画委員
  • 2020/04 - 現在 日本語用論学会 大会企画委員
  • 2019/06 - 現在 話しことばの言語学ワークショップ 運営実行委員
  • 2019/04 - 現在 社会言語科学会 事業委員
  • 2018/04 - 現在 日本認知言語学会 大会実行委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/04 - 社会言語科学会 第39回研究大会発表賞 「会話に見る「また」の用法ーコミュニケーションの特性に応じた構文の発達ー」
  • 2016/09 - 日本認知言語学会奨励賞 「響鳴からみる子供の前置詞の使用ーCHILDESを用いた観察からー」
所属学会 (6件):
関西言語学会 ,  日本言語学会 ,  日本英語学会 ,  日本語用論学会 ,  社会言語科学会 ,  日本認知言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る