研究者
J-GLOBAL ID:201801009608648122   更新日: 2021年01月05日

上田 記子

Noriko Ueda
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 基礎看護学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2023 擬似共体験による熟練看護師の思考構造の可視化
  • 2019 - 2022 汚染除去可視化による清潔のセルフケア能力アセスメントツールの開発
  • 2015 - 2018 看護過程・看護診断過程に関連するメディア・内容・送り手分析に基づく看護教育の検討
論文 (4件):
  • Masako Hirano, Atsue ISHII, Noriko UEDA, Yoshiaki INOUE, Masako MIYAJIMA, Kohei TOMITA, Yosh itaka NAKANISHI, Shima OKADA, Yaemi KOSHINO, Taketoshi MARUI. Analysis of upper-limb movements to open glass ampoules an d training methods in nursingeducation. Journal of Biomechanical Science and Engineering. 2019
  • 山口 晴美, 阿曽 洋子, 田丸 朋子, 片山 恵, 清水 佐知子, 岩崎 幸恵, 上田 記子. 温熱作用に関して手浴が全身浴の代用となる可能性の検証 表面皮膚温の変化および温度感覚・快適感覚から. 武庫川女子大学看護学ジャーナル. 2019. 4. 13-23
  • Atsue ISHII, Noriko UEDA, Yoshiaki INOUE, Masako HIRANO, Akane TANIGAWA, Naoko HORII, Rieko SHIODE, Ko JYO, Rie MITANI, Yoko TANIURA. Comparison of the caring behavior of nurses depending on clinical experience : what do nurses think when caring for patients?. The 8th International Multi-Conference on Complexity, Informatics and Cybernetics: IMCIC 2017. 2017
  • 開胸術後患者の歩行支援台車使用 下歩行の安全性・安楽性の検討. 大阪大学大学院医学系 研究科保健学専攻 学位論文. 2014
MISC (23件):
  • 山口 晴美, 阿曽 洋子, 田丸 朋子, 片山 恵, 岩崎 幸恵, 上田 記子, 清水 佐知子. 全身浴と手浴の表面皮膚温の変化から見た手浴の全身浴代用としての可能性の検証. 日本看護科学学会学術集会講演集. 2018. 38回. [P1-49]
  • 長谷川 有里, 石井 豊恵, 上田記子, 三谷 理恵, 伊藤 朗子, 平野 方子, 越村 利惠, 谷浦 葉子, 谷川 茜. ベッドサイドにおける行動から見た経験年数による看護の差に関する検討. 第22回日本看護管理学 会学術集会. 2018
  • 上田 記子, 久米 弥寿子, 山口 晴美, 冨澤 理恵, 片山 恵. 看護診断を決定する過程における看護師の思考・行動傾向の臨床経験年数による特徴. 日本看護科学学会学術集会講演集. 2016. 36回. 619-619
  • 山口 晴美, 久米 弥寿子, 上田 記子, 阿曽 洋子, 片山 恵. 看護診断決定に関連した看護師の思考・行動・感情傾向と課題意識に対する改善策の検討. 日本看護研究学会雑誌. 2016. 39. 3. 263-263
  • 上田 記子, 石井 豊恵, 平野 方子, 井上 文彰, 蔭田 奈津子, 中野 瑶子, 徐 紅, 谷浦 葉子, 堀井 菜緒子, 谷川 茜, et al. 仮想フィールドにおいて看護師が援助する際の視線・行動・動線の新人看護師と熟練看護師の比較 情報の取り組みに着目して. 日本医療情報学会看護学術大会論文集. 2016. 17回. 141-142
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2015/04 - 現在 武庫川女子大学 看護学部 看護学科 助教
所属学会 (5件):
日本看護技術学会 ,  日本循環器看護学会 ,  日本看護研究学会 ,  日本看護管理学会 ,  日本看護科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る