研究者
J-GLOBAL ID:201801009733449077   更新日: 2021年06月06日

齋藤 祐一

サイトウ ユウイチ | Saito Yuichi
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (2件): 代謝、内分泌学 ,  薬理学
研究キーワード (3件): 再生生物学 ,  酸化ストレス ,  オートファジー
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2024 核酸塩基代謝を標的とする心筋細胞増殖性リプログラミング法の確立
  • 2020 - 2022 出生前後の酸素環境変化による心筋細胞増殖能喪失におけるNrf2の関与
  • 2017 - 2020 網膜障害時におけるNrf2/Keap1経路の関与および保護作用機序の解明
論文 (14件):
  • Yuichi Saito, Wataru Kimura. Roles of phase separation for cellular redox maintenance. Frontiers in Genetics. 2021. in press
  • Naoki Iwasa, Takeshi K. Matsui, Naohiko Iguchi, Kaoru Kinugawa, Naritaka Morikawa, Yoshihiko M. Sakaguchi, Tomo Shiota, Shinko Kobashigawa, Mari Nakanishi, Masaya Matsubayashi, et al. Gene expression profiles of human cerebral organoids identify PPAR pathway and PKM2 as key markers for oxygen-glucose deprivation and reoxygenation. Frontiers in Cellular Neuroscience. 2021. in press
  • Shinsuke Nakamura, Yuichi Saito, Takumi Gouda, Takahiko Imai, Masamitsu Shimazawa, Yuhei Nishimura, Hideaki Hara. Therapeutic Effects of Iron Chelation in Atorvastatin-Induced Intracranial Hemorrhage of Zebrafish Larvae. Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases. 2020. 29. 11. 105215-105215
  • Yuichi Saito, Hiroyuki Okuyoshi, Shinsuke Nakamura, Wataru Otsu, Akihiro Yamaguchi, Peter F. Hitchcock, Mikiko Nagashima, Masamitsu Shimazawa, Hideaki Hara. Tauroursodeoxycholic Acid Promotes Neuronal Survival and Proliferation of Tissue Resident Stem and Progenitor Cells in Retina of Adult Zebrafish. BPB Reports. 2020. 3. 3. 92-96
  • Yuichi Saito, Shinsuke Nakamura, Naoki Chinen, Masamitsu Shimazawa, Hideaki Hara. Effects of anti-osteoporosis drugs against dexamethasone-induced osteoporosis-like phenotype using a zebrafish scale-regeneration model. Journal of Pharmacological Sciences. 2020. 143. 2. 117-121
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2016 - 2020 岐阜薬科大学 薬学専攻博士課程
  • 2010 - 2016 岐阜薬科大学 薬学科
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 特定国立研究開発法人理化学研究所 生命機能科学研究センター 研究員
  • 2019/04 - 2019/07 ミシガン大学 眼科 客員研究員 (日本学術振興会 若手研究者海外挑戦プログラム)
受賞 (2件):
  • 2016/03 - 日本薬理学会 学生優秀発表賞
  • 2015/06 - 日本薬理学会近畿部会 優秀発表賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る