研究者
J-GLOBAL ID:201801009745523230   更新日: 2020年09月24日

渡邉 健太

ワタナベ ケンタ | Kenta Watanabe
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 細菌学 ,  獣医学
論文 (35件):
  • Nishida T, Nakagawa N, Watanabe K, Shimizu T, Watarai M. Attenuated Legionella pneumophila Survives for a Long Period in an Environmental Water Site. BioMed research international. 2019. 2019. 8601346
  • Takemasa Nakamura, Takashi Shimizu, Akihiko Uda, Kenta Watanabe, Masahisa Watarai. Soluble lytic transglycosylase SLT of Francisella novicida is involved in intracellular growth and immune suppression. PloS one. 2019. 14. 12. e0226778
  • Watanabe K, Suzuki H, Nishida T, Mishima M, Tachibana M, Fujishima M, Shimizu T, Watarai M. Identification of novel Legionella genes required for endosymbiosis in Paramecium based on comparative genome analysis with Holospora spp. FEMS microbiology ecology. 2018. 94. 11
  • Shogo Soma, Satoru Kawai, Hiroyasu Inada, Kenta Watanabe, Satoru Mizuno, Seiichi Kato, Kazuhiro Matsuo, Yasuhiro Yasutomi. Primary Role of Suppressor of Cytokine Signaling 1 in Mycobacterium bovis BCG Infection. Infection and immunity. 2018. 86. 11
  • Shimizu T, Otonari S, Suzuki J, Uda A, Watanabe K, Watarai M. Expression of Francisella pathogenicity island protein intracellular growth locus E (IglE) in mammalian cells is involved in intracellular trafficking, possibly through microtubule organizing center. MicrobiologyOpen. 2018. e00684
もっと見る
MISC (14件):
  • 宇田 晶彦, 度会 雅久, 清水 隆, 渡邉 健太, 朴 ウンシル, 田 徳雨, 堀田 明豊, 黒田 雄大, 石嶋 慧多, 前田 健, et al. 野兎病菌強毒株の感染防御に必要不可欠な宿主遺伝子の同定. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 427-427
  • 清水 隆, 渡邉 健太, 宇田 晶彦, 度会 雅久. カイコ感染モデルを用いた野兎病菌病原因子の探索. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 427-427
  • 清水 隆, 渡邉 健太, 宇田 晶彦, 度会 雅久. カイコモデルを用いた野兎病菌病原因子の探索(Identification of Francisella virulence factors using silkworm infection model). 日本細菌学雑誌. 2019. 74. 1. 56-56
  • 稲垣 文弥, 渡邉 健太, 宇田 晶彦, 清水 隆, 度会 雅久. カイコモデルを用いた野兎病菌の病原遺伝子の探索. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2018. 161回. 397-397
  • 清水 隆, 渡邉 健太, 宇田 晶彦, 度会 雅久. 野兎病菌エフェクターIglCの解析(Analysis of Francisella effector IglC). 日本細菌学雑誌. 2018. 73. 1. 28-28
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 自然宿主との多様な関係性に着目したレジオネラ研究
    (第93回日本細菌学会総会)
  • レジオネラによるゾウリムシ宿主の貪食阻害効果の解析
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • 新しい原生生物宿主モデルを用いたレジオネラ研究
    (第92回日本細菌学会総会 2019)
  • 原生生物と病原細菌の共生機構-レジオネラをモデルとして-
    (第74回日本寄生虫学会西日本支部大会 2018)
  • Identification of Legionella genes involved in endosymbiosis within Paramecium based on comparative genome analysis with Holospora spp.
    (アメリカ微生物学会学術集会2018(ASM2018) 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2005 - 2009 岐阜大学大学院連合獣医学研究科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学)
経歴 (3件):
  • 2014/01 - 現在 山口大学 共同獣医学部 助教
  • 2013/01 - 2013/12 独立行政法人医薬基盤研究所 霊長類医科学研究センター 研究員
  • 2010/04 - 2012/12 独立行政法人医薬基盤研究所 霊長類医科学研究センター 特任研究員
所属学会 (2件):
日本獣医学会 ,  日本細菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る