研究者
J-GLOBAL ID:201801009877208139   更新日: 2024年07月14日

藤井 俊博

フジイ トシヒロ | Fujii Toshihiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験
研究キーワード (20件): 空気シャワー ,  天文学 ,  パルサー ,  超新星残骸 ,  超新星爆発 ,  ダークマター ,  ブラックホール ,  中性子星 ,  起源 ,  ガンマ線 ,  ニュートリノ ,  大気蛍光 ,  銀河団 ,  活動銀河核 ,  ガンマ線バースト ,  異方性 ,  化学組成 ,  スペクトル ,  極高エネルギー ,  宇宙線
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2021 - 2026 新型大気蛍光望遠鏡アレイによる極高エネルギー宇宙線天文学の開拓
  • 2021 - 2025 新型ピクセル型シリコン検出器による極低バックグラウンド環境での太陽アクシオン探査
  • 2020 - 2025 マルチメッセンジャーで探る重いダークマター
  • 2019 - 2024 拡張テレスコープアレイ実験による極高エネルギー宇宙線起源の探索
  • 2018 - 2022 新型大気蛍光望遠鏡による極高エネルギー宇宙線観測の系統誤差の研究
全件表示
論文 (139件):
  • R. U. Abbasi, M. G. Allen, R. Arimura, J. W. Belz, D. R. Bergman, S. A. Blake, B. K. Shin, I. J. Buckland, B. G. Cheon, T. Fujii, et al. An extremely energetic cosmic ray observed by a surface detector array. Science. 2023. 382. 6673. 903-907
  • R.U. Abbasi, Y. Abe, T. Abu-Zayyad, M. Allen, Y. Arai, R. Arimura, E. Barcikowski, J.W. Belz, D.R. Bergman, S.A. Blake, et al. The energy spectrum of cosmic rays measured by the Telescope Array using 10 years of fluorescence detector data. Astroparticle Physics. 2023. 151. 102864-102864
  • R. U. Abbasi, M. M.F. Saba, J. W. Belz, P. R. Krehbiel, W. Rison, N. Kieu, D. R. da Silva, M. A. Stanley, Dan Rodeheffer, J. Remington, et al. First High-Speed Video Camera Observations of a Lightning Flash Associated With a Downward Terrestrial Gamma-Ray Flash. Geophysical Research Letters. 2023. 50. 14
  • Ryo Higuchi, Takashi Sako, Toshihiro Fujii, Kazumasa Kawata, Eiji Kido. Effects of the Galactic Magnetic Field on the UHECR Correlation Studies with Starburst Galaxies. The Astrophysical Journal. 2023. 949. 2. 107-107
  • Aoi Iwasaki, Keitaro Fujita, Shoichi Ogio, Toshihiro Fujii, Yoshiki Tsunesada. Performance of the TALE infill experiment as a TA-TALE extension down to the PeV region. EPJ Web of Conferences. 2023. 283. 06015-06015
もっと見る
MISC (29件):
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学)
受賞 (3件):
  • 2018/03 - 2018 年 宇宙線研究者会議(CRC) 宇宙線物理学奨励賞
  • 2018/03 - 日本物理学会 第12回 若手奨励賞(宇宙線・宇宙物理領域)
  • 2017/12 - The Physics World Top 10 Breakthrough 2017 (IOP Publishing) “Observation of a large-scale anisotropy in the arrival directions of cosmic rays above 8 × 1018 eV”
所属学会 (2件):
日本天文学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る