研究者
J-GLOBAL ID:201801010039509923   更新日: 2021年02月18日

守屋 誠太郎

モリヤ セイタロウ | Seitaro Moriya
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  芸術実践論
研究キーワード (8件): 芸術一般 ,  芸術学 ,  幼児教育 ,  障害者アート ,  立体造形 ,  彫刻 ,  美術教育 ,  らくがき
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 視覚障害者の芸術鑑賞における触覚を介した形態認識と情緒に関する研究
論文 (1件):
  • 守屋誠太郎. らくがきと芸術. 2014. 1
MISC (5件):
  • 守屋 誠太郎, 飯塚 潤一. 触覚を用いた芸術鑑賞における形状理解と肯定感に関する調査研究. 感覚代行シンポジウム. 2020. 46. 21-24
  • 守屋 誠太郎. 聴覚障害学生の製品デザイン教育における体験的学習を通して 材料理解を深める学習支援の推進. 筑波技術大学テクノレポート. 2019. 27. 1. 80-82
  • 中島 亜紀子, 磯田 恭子, 萩原 彩子, 石野 麻衣子, 吉田 未来, 白澤 麻弓, 三好 茂樹, 河野 純大, 佐藤 正幸, 谷 貴幸, et al. 第14 回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム実施報告. 筑波技術大学テクノレポート. 2019. 26. 2. 80-85
  • 守屋 誠太郎. らくがきと芸術 : らくがきにみる行為と態度. 芸術文化. 2014. 19. 19. 37-54
  • 守屋 誠太郎. らくがきと芸術. 女子美術大学研究紀要. 2013. 43. 76-85
講演・口頭発表等 (11件):
  • 触覚を用いた芸術鑑賞における形状理解と肯定感に関する調査研究
    (第46回感覚代行シンポジウム 2020)
  • 根付彫刻の触察鑑賞のためのレプリカモデルの提案
    (国立民族学博物館主催シンポジウム「日本におけるユニバーサル・ミュージアムの現状と課題--2020オリパラを迎える前に」 2019)
  • 保育者養成校における自尊感情と保育者効力感(2)
    (日本保育学会第72回大会 2019)
  • 視覚障害者の芸術鑑賞について〜触覚を介した形態認識と情緒に関する調査方法についての考察〜
    (東北芸術文化学会第76回例会 2019)
  • 聴覚障害学生が輝く大学教育
    (第14回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム 2018)
もっと見る
Works (8件):
  • ぶちお(設置作品)
    守屋 誠太郎 2018 -
  • 青い鳥(設置作品)
    守屋 誠太郎 2018 -
  • attitudeIX(博士修了作品)
    守屋 誠太郎 2014 -
  • lili small(設置作品)
    守屋 誠太郎 2006 -
  • pillow(設置作品)
    守屋 誠太郎 2005 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2011 - 2014 女子美術大学 美術分野立体芸術領域
  • 2004 - 2005 東京芸術大学 彫刻専攻 研究生
  • 2002 - 2004 東京芸術大学 彫刻専攻
  • 1998 - 2002 宮城教育大学 美術教育専攻
学位 (1件):
  • 博士(美術)
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 筑波技術大学 産業技術学部 総合デザイン学科 講師
  • 2014/04 - 現在 M.A.P(守屋アートプランニング) 代表
  • 2017/04 - 2018/03 東京経営短期大学 こども教育学科 講師
  • 2015/04 - 2017/03 宮城教育大学 教育学部 非常勤講師
  • 2011/04 - 2014/03 女子美術大学 美術学部 非常勤教務補佐員
所属学会 (6件):
視覚障害リハビリテーション協会 ,  日本福祉のまちづくり学会 ,  日本デザイン学会 ,  日本子ども学会 ,  日本保育学会 ,  東北芸術文化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る