研究者
J-GLOBAL ID:201801010174560785   更新日: 2020年04月22日

高浦 大雅

タカウラ ヒロマサ | Takaura Hiromasa
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (3件): QCD ,  摂動QCD ,  リノーマロン
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2023 摂動QCDを超える予言へ向けた理論的定式化
論文 (8件):
  • Hiroshi Suzuki, Hiromasa Takaura. Renormalon-free definition of the gluon condensate within the large-$β_0$ approximation. Prog Theor Exp Phys (2019). 2019. 2019. 10
  • Renormalon structure in compactified spacetime. Progress of Theoretical and Experimental Physics. 2019. 2020. 1
  • Infrared renormalon in $SU(N)$ QCD(adj.) on $\mathbb{R}^3\times S^1. PTEP. 2019. 2020. 2
  • Hiromasa Takaura, Takashi Kaneko, Yuichiro Kiyo, Yukinari Sumino. Determination of α_s from static QCD potential: OPE with renormalon subtraction and lattice QCD. JHEP. 2019. 1904
  • Hiromasa Takaura, Takashi Kaneko, Yuichiro Kiyo, Yukinari Sumino. Determination of α_s from static QCD potential with renormalon subtraction. Physics Letters B. 2019. 789. 598-602
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • R^3xS^1上におけるSU(N) QCD(adj.)のIRリノーマロン
    (第75回年次大会 2020)
  • Infrared renormalons in the CP^N model on RxS^1
    (CP^N model: recent developments and future directions)
  • Infrared renormalon in SU(N) QCD(adj.) on R^3×S^1
    (RIKEN-Kyushu University Joint Workshop -from particles and nuclei to cosmos-)
  • Can bion cancel renormalon?
    (東北大学素粒子宇宙理論研究室セミナー 2019)
  • Renormalon in compactified spacetime and relation with bion
    (KEK Theory workshop 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2018 東北大学 大学院理学研究科博士課程後期3年の課程 物理学専攻
  • 2013 - 2015 東北大学 大学院理学研究科博士課程前期2年の課程 物理学専攻
  • 2009 - 2013 東北大学 理学部 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東北大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 高エネルギー加速器研究機構 研究員
  • 2018/08 - 2020/03 九州大学 特任助教
  • 2018/04 - 2018/07 九州大学 学術研究員
受賞 (2件):
  • 2019/10 - 東北大学理学部物理系同窓会(泉萩会) 泉萩会奨励賞
  • 2018/03 - 東北大学 総長賞
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る