研究者
J-GLOBAL ID:201801010232255378   更新日: 2021年10月11日

加藤 典子

カトウ ノリコ | Kato Noriko
所属機関・部署:
職名: 特任助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 精神神経科学 ,  臨床心理学
研究キーワード (2件): 臨床心理学 ,  認知行動療法
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2022 統一プロトコルによる集団認知行動療法の有効性に関するランダム化比較試験
  • 2019 - 2021 遠隔通信技術を用いた認知行動療法の治療者育成ツールの開発
  • 2015 - 2019 不安とうつに対する統一プロトコルによる集団認知行動療法の実施可能性と有効性の検討
  • 2014 - 2017 職域のうつ病回復モデル開発に関する研究
論文 (15件):
もっと見る
MISC (28件):
もっと見る
書籍 (12件):
  • Applications of the Unified Protocols for Transdiagnostic Treatment of Emotional Disorders in Children and Adolescents
    Oxford University Press, USA 2021 ISBN:0197527930
  • 10代のための感情を味方につけるプログラム : ワークブック(つらい感情とうまくつきあう認知行動療法の統一プロトコル)
    福村出版 2021 ISBN:9784571245640
  • 10代のための感情を味方につけるプログラム : セラピストガイド (つらい感情とうまくつきあう認知行動療法の統一プロトコル)
    福村出版 2021 ISBN:9784571245657
  • もう一歩上を目指す人のための 集団認知行動療法治療者マニュアル
    金剛出版 2021
  • 気になる子どものSST実践ガイド : 親子で成長!
    金剛出版 2020 ISBN:9784772417969
もっと見る
講演・口頭発表等 (46件):
  • デジタル・オンライン認知行動療法の実践とその可能性: COVID-19パンデミックをむかえて デジタル技術を用いてうつ病CBTを臨床現場に実装する
    (第21回日本認知療法・認知行動療法学会 2021)
  • ストレスチェック制度における高ストレス労働者を対象とした簡易型認知行動療法
    (第20回日本認知療法・認知行動療法学会 2020)
  • Current Status of Research on the Unified Protocol for the Transdiagnostic Treatment of Emotional Disorders in Japan
    (53th Annual Convention of Association for Behavioral and Cognitive Therapies 2019)
  • 反芻焦点化認知行動療法(RF-CBT)が有効であった1症例 回避に注目して
    (日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集 2019)
  • うつ病に対する認知行動療法update インターネット支援型認知行動療法の展開
    (日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医科学) (山梨大学)
所属学会 (2件):
日本うつ病学会 ,  日本認知療法・認知行動療法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る