研究者
J-GLOBAL ID:201801010250294593   更新日: 2020年08月24日

中山 寛子

ナカヤマ ヒロコ | Nakayama Hiroko
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 実験動物学
研究キーワード (1件): 疾患モデル動物
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2021 新たな機能性食品、紅藻Palmaria mollisの内臓脂肪抑制成分の探索
論文 (19件):
  • Sasicha Chensom, Yasuhito Shimada, Hiroko Nakayama, Kumi Yoshida, Tadao Kondo, Hirotaka Katsuzaki, Sachiko Hasegawa, Takashi Mishima. Determination of Anthocyanins and Antioxidants in 'Titanbicus' Edible Flowers In Vitro and In Vivo. Plant foods for human nutrition (Dordrecht, Netherlands). 2020. 75. 2. 265-271
  • Kazuhiro Kagotani, Hiroko Nakayama, Liqing Zang, Yuki Fujimoto, Akihito Hayashi, Ryoji Sono, Norihiro Nishimura, Yasuhito Shimada. Lecithin-Based Dermal Drug Delivery for Anti-Pigmentation Maize Ceramide. Molecules (Basel, Switzerland). 2020. 25. 7
  • Yuka Yamada, Sasicha Chensom, Hisataka Yonemoto, Hiroko Nakayama, Liqing Zang, Norihiro Nishimura, Takashi Mishima, Yasuhito Shimada. Water Extract of Yamato Tachibana (Citrus tachibana) Induces Food Intake in Adult and Larval Zebrafish. Journal of medicinal food. 2020. 23. 1. 65-71
  • Yasuyuki Monma, Yasuhito Shimada, Hiroko Nakayama, Liqing Zang, Norihiro Nishimura, Toshio Tanaka. Aging-associated microstructural deterioration of vertebra in zebrafish. Bone reports. 2019. 11. 100215-100215
  • 松岡 いづみ, 幡 佳苗, 島田 康人, 臧 黎清, 中山 寛子, 金 英一, 朱 政治, ジュネジャ・レカ, 西村 訓弘. ゼブラフィッシュ・スクリーニングを用いた抗肥満作用を持つ新規天然物の発見. 日本未病システム学会学術総会抄録集. 2019. 26回. 93-93
もっと見る
MISC (27件):
  • 島田 康人, 臧 黎清, 中山 寛子, 幡 佳苗, 松岡 いづみ, 金 英一, 朱 政治, ジュネジャ レカ, 西村 訓弘. ゼブラフィッシュスクリーニングによる天然物創薬~培養細胞とマウスを組み合わせた抗肥満成分の探索. 日本薬理学会年会要旨集. 2020. 93. 0. 2-O-028
  • 臧 黎清, 島田 康人, 中山 寛子, 西村 訓弘. 2型糖尿病ゼブラフィッシュおよびマウスモデルを用いたCENPX遺伝子発現抑制により高血糖への影響に関する研究. 日本薬理学会年会要旨集. 2020. 93. 0. 1-YIA-11
  • 島田 康人, 山田 英嗣, 木下 玄太, 塩田 正之, 中山 寛子, ホワイト リチャード, スナールジャガルスカ エバ, スパインク ハーマン. ゼブラフィッシュプラットフォームによるフルベンダゾールの抗メラノーマ作用の発見. 日本薬理学会年会要旨集. 2019. 92. 0. 2-O-13
  • 島田 康人, 山川 真由子, 中山 寛子, 臧 黎清, 寺澤 匡博, 松田 孝一, 西浦 薫, 西村 訓弘. 未病モデルゼブラフィッシュを用いた紅藻類Palmaria mollisの肥満抑制作用の発見. 日本未病システム学会学術総会抄録集. 2018. 25回. 140-140
  • 山田由佳, 中山寛子, 島田康人, 三島隆. ヤマトタチバナ未利用資源の有効活用に関する研究. 日本農芸化学会中部支部例会講演要旨集(Web). 2018. 183rd. ROMBUNNO.P21 (WEB ONLY)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る