研究者
J-GLOBAL ID:201801010250294593   更新日: 2021年12月06日

中山 寛子

ナカヤマ ヒロコ | Nakayama Hiroko
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (4件): 細胞生物学 ,  代謝、内分泌学 ,  分子生物学 ,  実験動物学
研究キーワード (3件): 疾患モデル動物 ,  肥満 ,  ゼブラフィッシュ
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2022 光合成ゼブラフィッシュの構築
  • 2019 - 2021 新たな機能性食品、紅藻Palmaria mollisの内臓脂肪抑制成分の探索
論文 (28件):
  • Jacky Bhagat, Liqing Zang, Hiroko Nakayama, Norihiro Nishimura, Yasuhito Shimada. Effects of nanoplastic on toxicity of azole fungicides (ketoconazole and fluconazole) in zebrafish embryos. The Science of the total environment. 2021. 800. 149463-149463
  • Yasuhito Shimada, Masahiro Terasawa, Fumiyoshi Okazaki, Hiroko Nakayama, Liqing Zang, Kaoru Nishiura, Koichi Matsuda, Norihiro Nishimura. Rhamnan sulphate from green algae Monostroma nitidum improves constipation with gut microbiome alteration in double-blind placebo-controlled trial. Scientific reports. 2021. 11. 1. 13384-13384
  • Moe Nishimura, Hiroyuki Fuchino, Kaoru Takayanagi, Hitomi Kawakami, Hiroko Nakayama, Nobuo Kawahara, Yasuhito Shimada. Toxicity of Jegosaponins A and B from Styrax japonica Siebold et al. Zuccarini in Prostate Cancer Cells and Zebrafish Embryos Resulting from Increased Membrane Permeability. International journal of molecular sciences. 2021. 22. 12
  • Liqing Zang, Yasuhito Shimada, Hiroko Nakayama, Hirotaka Katsuzaki, Youngil Kim, Djong-Chi Chu, Lekh Raj Juneja, Junya Kuroyanagi, Norihiro Nishimura. Preventive Effects of Green Tea Extract against Obesity Development in Zebrafish. Molecules (Basel, Switzerland). 2021. 26. 9
  • Liqing Zang, Yasuhito Shimada, Hiroko Nakayama, Izumi Matsuoka, Youngil Kim, Djong-Chi Chu, Lekh Raj Juneja, Rika Tsuruta, Yuka Sasakawa, Junya Kuroyanagi, et al. Globin Digest Improves Visceral Adiposity Through UCP1 Upregulation in Diet-Induced Obese Zebrafish and Mice. Frontiers in nutrition. 2021. 8. 650975-650975
もっと見る
MISC (42件):
  • 臧 黎清, 黒柳 淳哉, 西村 訓弘, 島田 康人, 中山 寛子, 松岡 いづみ, 金 英一, 朱 政治, ジュネジャ レカ, 霍田 りか, et al. 赤血球由来グロビンペプチドはUCP1の増加を介して内臓脂肪の蓄積を改善する. 日本薬理学会年会要旨集. 2021. 94. 2-Y-E2-3
  • 島田 康人, 中山 寛子, 岡﨑 文美, 臧 黎清, 寺澤 匡博, 松田 孝一, 西浦 薫, 内田 亮太, 西村 訓弘. ゼブラフィッシュからヒト臨床試験へ:ラムナン硫酸による便秘改善作用について. 日本薬理学会年会要旨集. 2021. 94. 3-O-G4-3
  • 島田康人, 島田康人, 島田康人, 臧黎清, 臧黎清, 籠谷和弘, 籠谷和弘, 中山寛子, BHAGAT Jacky, 藤本祐希, et al. ゼブラフィッシュ再生鱗における10-gingerolの破骨細胞分化阻害作用. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2020. 43rd
  • 中山寛子, 島田康人, 島田康人, 島田康人, 坂上実, 相馬明弘, 西村訓弘. 三重県産天然物を使用した薬湯の生体安全性評価. 日本未病学会学術総会抄録集. 2020. 27th
  • 島田康人, 島田康人, 松浦信男, 松浦信男, 臧黎清, 臧黎清, 中山寛子, 中山寛子, 西村訓弘, 西村訓弘. ゼブラフィッシュを用いた乳酸発酵ハナビラタケの抗肥満作用増強メカニズムの解明. 日本未病学会学術総会抄録集. 2020. 27th
もっと見る
書籍 (1件):
  • 代替プロテインによる食品素材開発 : 植物肉・昆虫食・藻類利用食・培養肉が導く食のイノベーション
    エヌ・ティー・エス 2021 ISBN:9784860437244
講演・口頭発表等 (1件):
  • 肥満ゼブラフィッシュを用いた 緑茶カテキンの抗肥満作用メカニズムの解明
    (第26回日本未病システム学会学術総会 2019)
受賞 (1件):
  • 2018/12 - 第8回地域イノベーション学会大会 優秀ポスター賞 新たな機能性食品、紅藻Palmaria mollisの内臓脂肪抑制作用の発見
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る