研究者
J-GLOBAL ID:201801010314012805   更新日: 2021年09月28日

長田 恵理

オサダ エリ | Osada Eri
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (1件): 小学校外国語教育, 応用言語学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 省察ツールとしてのポートフォリオの体系化と活用ガイドの開発
  • 2019 - グローバルスクールリーダーの資質-向社会性形成への日本とフィンランドの共同研究
  • 2019 - 小学校外国語教育において児童の自立学習を促す指導モデルの開発
論文 (19件):
  • 長田恵理. イタリアの小学校外国語教育ー教師教育の視座からの一考察ー. 國學院大學人間開発学研究. 2021. 12. 1-20
  • 久村研・長田恵理・山口高領. 小学校英語指導者のポートフォリオの開発:教職課程試用版の自己評価記述文の選定と今後の課題. 言語教師教育. 2019. Vol.6. No. 1. 74-93
  • 長田恵理, 赤井晴子. 文字が示す音の読み方指導の実践. 國學院大學人間開発学研究. 2019. 10. 1-16
  • イタリア・トレント市の小学校CLILの取り組みと教師の抱える問題. 國學院大學 教育開発推進機構紀要. 2018. 第9号
  • 小学校外国語教育における絵本の活用-指導者が選ぶ英語絵本-. 國學院大學人間開発学研究. 2018. 第9号
もっと見る
書籍 (6件):
  • CROWN Jr.5および6
    三省堂 2020
  • スペインー日本の文脈における社会科学からみた歴史・教育・言語と指導
    ウエルバ大学出版局 2018
  • 六つの要素で読み解く!小学校アクティブラーニングの授業のすべて
    東洋館出版社 2016
  • コミュニカティブな英語教育を考える-日本の教育現場に役立つ理論と実践
    アルク 2014
  • こんなこどもになってほしい ”Hi, friends!”のトピックに基づいた英語活動集
    特定非営利活動法人(NPO)小学校英語指導者認定協議会事務局 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • Ensuring pedagogical consistency between primary- and secondary-level foreign language education through portfolios in Japan
    (第19回国際応用言語学会 2021)
  • 「読むこと」「書くこと」に焦点を当てた教科書分析-ELPの記述文との対照から-
    (全国英語教育学会 2021)
  • イタリアの小学校外国語教育ー教材・教具を中心に
    (JACET関東支部講演会 2020)
  • Teachers’ use of L1 in the classrooms: as a tool of making the classroom interaction authentic
    (2016)
  • イタリア・トレント市の小学校CLILの取り組みと教師の抱える問題
    (2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 上智大学大学院 言語学専攻
  • 2006 - 2008 上智大学大学院 言語学専攻
  • 1980 - 1984 大阪外国語大学 イタリア語学科
委員歴 (1件):
  • 2021/04/01 - 大学英語教育学会関東支部 幹事及び事務局幹事
所属学会 (7件):
IATEFL ,  TESOL ,  日本児童英語教育学会 ,  小学校英語教育学会(JES) ,  中部英語教育学会 ,  大学英語教育学会(JACET) ,  外国語教育メディア学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る