研究者
J-GLOBAL ID:201801010492593790   更新日: 2021年11月16日

上原 一将

ウエハラ カズマサ | Uehara Kazumasa
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Kazumasa_Uehara
研究分野 (8件): ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  病態神経科学 ,  認知脳科学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  基盤脳科学 ,  リハビリテーション科学 ,  体育、身体教育学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2020 - 2023 深層学習を用いたヒト間協調技能を支える脳情報特徴量抽出とその応用
  • 2019 - 2023 技能の熟達と喪失に関わる感覚運動機能の神経可塑性の包括的理解
  • 2019 - 2022 経頭蓋磁気刺激ー脳波計測による運動系と視覚系の情報統合能 の比較
  • 2019 - 2022 運動のばらつきの特性とその脳内神経基盤の包括的理解
  • 2020 - 2021 アスリートの卓越したspeed/accuracy tradeoff機能を支える脳内神経基盤の解明
全件表示
論文 (25件):
MISC (8件):
  • 上原一将. 非侵襲的脳刺激から紐解く運動機能を支える神経メカニズム. 日本心理学会 心理学ワールド「特集:脳を刺激する」. 2021. 93. 13-16
  • 上原 一将. リズミックな一側手指筋収縮中の同側大脳皮質一次運動野興奮性変化について : 経頭蓋磁気刺激法を用いた神経生理学的研究 <学位論文要旨>. 広島大学大学院総合科学研究科紀要. I, 人間科学研究. 2013. 8. 43-46
  • MORISHITA Takuya, UEHARA Kazumasa, KUBOTA Shinji, FUNASE Kozo. O-20 Changes in interhemispheric inhibition from active to resting primary motor cortex during a fine-motor manipulation task(The Proceedings of the 20th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 28・29,(Tsukuba)) :. Advances in exercise and sports physiology. 2013. 18. 4. 92-92
  • KUBOTA Shinji, UEHARA Kazumasa, MORISHITA Takuya, FUNASE Kozo. O-22 Modulation of reciprocal Ia inhibition between Ia inhibitory interneurons and corticospinal neurons(The Proceedings of the 20th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 28・29,(Tsukuba)) :. Advances in exercise and sports physiology. 2013. 18. 4. 93-93
  • UEHARA Kazumasa, MORISHITA Takuya, KUBOTA Shinji, FUNASE Kozo. O-26 Effect of different frequency of electrical nerve stimulation on change in the ipsilateral primary motor cortex excitability(The Proceedings of the 20th Annual Meetings of Japan Society of Exercise and Sports Physiology July 28・29,(Tsukuba)) :. Advances in exercise and sports physiology. 2013. 18. 4. 95-95
もっと見る
書籍 (1件):
  • 感覚入力で挑む 感覚運動機能回復のための理学療法アプローチ
    文光堂 2016 ISBN:4830645326
講演・口頭発表等 (12件):
  • モーターコントロール研究の学際性
    (第15回Motor Control研究会 2021)
  • Inter-individual differences in neural control of motor rhythmicity revealed by task and resting-state fMRI
    (第3回ヒト脳イメージング研究会 奨励賞候補者講演 2019)
  • シンポジウム:運動技能向上・再獲得を担う脳内神経基盤の包括的理解
    (第27回日本運動生理学会 2019)
  • 脳機能計測とニューロリハビリテーション -神経科学の最新の知見と研究の進むべき道-
    (高崎健康福祉大学 公開講座 2019)
  • 多角的非侵襲脳機能計測を用いた音楽家ジストニアの病態理解
    (生理学研究所 神経ダイナミクス研究部門 公開セミナー 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (広島大学)
経歴 (12件):
  • 2021/04 - 現在 ソニーコンピュータサイエンス研究所(SONY CSL)(兼任) Visiting Researcher
  • 2020/12 - 現在 JST ACT-X 研究者
  • 2019/05 - 現在 総合研究大学院大学 生命科学研究科 助教(兼任)
  • 2019/05 - 現在 自然科学研究機構 生理学研究所 神経ダイナミクス研究部門 助教
  • 2018/07 - 2019/04 理化学研究所 理研CBS-トヨタ連携センター 基礎科学特別研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 Motor Control研究会 アウトリーチ委員会 委員
  • 2019/06 - 現在 Review Editor on the Editorial Board of Neural Technology, Frontiers in Neuroscience
  • 2020/04 - 2021/03 Motor Control研究会 学術委員会 委員
受賞 (10件):
  • 2021/04 - IEEE Paper award winners of IEEE LifeTech 2021 Effects of transcranial direct current stimulation in brain-computer interface
  • 2020 - ヤマハ発動機スポーツ振興財団 ヤマハスポーツチャレンジフェローシップ
  • 2018 - 理化学研究所 基礎科学特別研究員
  • 2018 - 第12回 Motor Control研究会 若手研究奨励賞
  • 2015 - 第9回 Motor Control研究会 若手研究奨励賞
全件表示
所属学会 (4件):
Motor Control 研究会 ,  日本運動生理学会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  Society for Neuroscience
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る